One story of the fieldBACK NUMBER

虎の目はどこを見ているのか。
オープン戦最下位の阪神が怖い理由。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/23 11:00

虎の目はどこを見ているのか。オープン戦最下位の阪神が怖い理由。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨季はリーグ2位。今季は新大砲ロサリオも加入したが、オープン戦では結果が出ず、3月22日現在、2勝10敗1分で最下位にいる。

オープン戦最下位から優勝は、ある。

 オープン戦期間中、試合を終えた選手たちはバットをかついで足早に室内練習場へ向かうという。

 中堅、若手の中には体重が落ちている選手もいるという。

 少なくとも、手綱を握る男たちの視線は眼下の戦いではなく、もっと先を見ているのは間違いなさそうだ。

 あらためて繁忙期のスコアラーに聞いてみた。なぜ、阪神が怖いのか。

「やはり1人、1人、振る力がついてきている選手が多い。去年もたぶんリーグで一番、四球が多いと思うんですけど、投手としたら警戒しないといけないような振りなんだと思うんです」

 21世紀に入り、オープン戦で最下位だったチームが優勝した例は2度あるという。

 まだ順位が確定したわけではないが、その数字に悲嘆し、あるいは希望を見出し、一喜一憂するのはファンとメディアの特権だ。ただ、それを尻目に、黙々と土を掘り起こし、根っこを鍛える猛虎は、他球団にしてみれば、オープン戦の順位では計り知れない怖さがあるようだ。

関連記事

BACK 1 2 3
金本知憲
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ