サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

移籍後2度目の2試合連続ゴール。
蘇った大迫勇也が代表で狙うものとは。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/03/21 11:30

移籍後2度目の2試合連続ゴール。蘇った大迫勇也が代表で狙うものとは。<Number Web> photograph by Getty Images

18日のレバークーゼン戦で9分に先制ゴールを挙げた大迫。フル出場で2-0の勝利に貢献し、今季初のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

代表でも「成功すれば何も言われない」。

 始まったばかりの日本代表合宿でも、2戦連続得点の好調ぶりを継続したいところではあるが、こちらはこちらで、難しさがある。

 大迫の役割は1トップに入り、ポストプレーで起点を作ること。当然、ゴールチャンスは他の選手に譲ることになる。圧倒的なデュエルの強さでチームを牽引する、頼れて、かつ不動の1トップではあるが、「点をとることが一番楽しい」という本人にとっては、完全に満足できる状況ではない。

「まずは個人で結果、ゴールとアシストを貪欲に狙い続けないと。起点を作っているとゴール前に入るのが遅れて、他の選手にチャンスが生まれる。でも、そこで自分の中で“何か”をつかめればゴールに近づけるとは思うんですよね」

 そのために時には、監督の指示以外のプレーも必要になるのかもしれない。

「監督はアイディアをくれるだけ。ピッチの中でやって成功すれば何も言わない。自信がないからやらないだけ」

 大迫がその“何か”と自信をつかんだら。そんな日本代表を見てみたい。

僕らは本田圭佑を待っている。

Sports Graphic Number 948

僕らは本田圭佑を待っている。

 

関連記事

BACK 1 2 3
大迫勇也
ケルン
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ