マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

新庄の母校・西日本短大附に逸材が。
潜在力・中村宜聖と名手・近藤大樹。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/03/18 17:00

新庄の母校・西日本短大附に逸材が。潜在力・中村宜聖と名手・近藤大樹。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

西日本短大附高校の中村宜聖(左)と近藤大樹。2年連続でプロ入りという可能性も低くはない逸材たちだ。

2人ともドラフト4~5位までには指名されそう。

 快足・強肩、粗けずりながら力感抜群のバッティングも兼備する中堅手・中村宜聖。

 こんなに上手い高校生ショート、見たことない。そう言いきってしまっても構わない遊撃手・近藤大樹。

 共にプロ野球を現実的な目標として、日々練習に汗を流す九州の逸材が2人。

 ドラフトでは優先順位が低くなりがちな外野手でも、彼ほどの潜在能力の持ち主なら、中村宜聖は4位、ないしは5位。

 2年生の近藤大樹は来年の候補になるが、右中間、左中間を痛烈な打球で突破できる小力(こじから)を養えば、間違いなくプロで働けるフィールディング能力があるだけに、体は小さくても4位、遊撃手に候補が少なければ3位だっておかしくない。

 この文中では取り上げきれなかったが、投打に非凡な素質を持つ大型本格派・大関光(3年・190cm85kg・右投右打)、天才的なバッティング技術が光る右翼手・荻本翔大(3年・177cm75kg・右投左打)に、2年生ですでに超高校級の強肩・強打の捕手・神宮隆太(2年・180cm78kg・右投左打)……。

 機会を作って、2度、3度と成長を確かめにいきたくなるような選手たちが目白押しだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
西日本短大附属高校
新庄剛志
西村慎太郎
中村宜聖
近藤大樹

高校野球の前後の記事

ページトップ