炎の一筆入魂BACK NUMBER

広島カープ、背番号「0」の系譜。
上本崇司が極める“切り札”の野球道。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/17 11:30

広島カープ、背番号「0」の系譜。上本崇司が極める“切り札”の野球道。<Number Web> photograph by Kyodo News

9月6日の阪神戦。連覇へと繋がるワンプレーとなった上本の二盗。

上本のワンプレーが連覇を手繰り寄せた!

 そのワンプレーが昨季、連覇へラストスパートをかけた。

 2位阪神との直接対決となった9月6日。同点の延長11回裏に、途中から出場した上本は1死走者なしから四球を選ぶと、會澤の打席でスタートを切った。

 試合展開、状況などから考えると、誰もが「走る」と予想できた場面。しかも出場は8月11日巨人戦(マツダ)以来、約1カ月ぶりだった。

 それでもスタートを切り、そして成功させた。

「2ストライクまでに走れず、やばいなと思っていた。変化球が来るという確信があったので行った」

 阪神バッテリーの警戒網を潜り抜け、直後に歓喜をもたらした。

選手選びは、パズルのようなものだ。

 廣瀬純外野守備走塁コーチは「実戦に入ってからが大変だからと本人には言っている」と新たな課題に直面することも想定しているが、外野守備にはめどが立った。

 脚力を生かした守備範囲は広く、打力を売りとする選手の代わりは十分務まるに違いない。

 一軍登録枠の28人からベンチ入りは25人。

 レギュラー格ばかりではいけないし、タイプに片寄りがあってもいけない。

 選手選びは、パズルのようなものだ。

 バランスとバリエーションによって、采配の幅は広がる。選手個々の足し算ではなく、かけ算でチーム力は変わってくる。

 代走と内野の守備固め、そして外野の守備固めもこなせる「25分の1」はなかなかいない。両打ちで小技も利く。開幕一軍枠を巡る争いは続いているが、上本には早くも当確ランプがともったと言ってもいい。

 上本は今年、球団カレンダーやカープロードに掲げられた選手紹介ボードに初めて登場した。存在感や期待が大きくなっている表れだろう。12球団屈指の選手層を誇る広島で、欠かせぬ1ピースとなりつつある。

 背番号「0」の宿命とともに、1度は見失いかけた進むべき道を力強く、そして真っすぐに突き進んでいる。

関連記事

BACK 1 2 3
上本崇司
高信二
木村拓也
井生崇光
赤松真人
河田雄祐
広島東洋カープ

プロ野球の前後の記事

ページトップ