Number ExBACK NUMBER

僕らが今も本田圭佑に期待する理由。
傍目には幸運でも、本人は「想定内」。

posted2018/03/15 11:40

 
僕らが今も本田圭佑に期待する理由。傍目には幸運でも、本人は「想定内」。<Number Web> photograph by Kyodo News

2010年南アW杯、ワントップコンバートに応えて本田圭佑はゴールを決めた。「持ってる」男の真骨頂だった。

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Kyodo News

――本田圭佑さま。Number編集長の松井一晃です。現在、本田選手についての特集を制作しています。小誌の読者と日本のサッカーファンのために、この場でどうしても質問させてください。本田圭佑にとって、サッカー日本代表とは何ですか。ロシアW杯では何を目指していますか。

「はは。凄いところから取材してきますね。笑 ロシアW杯での抱負も話したい気持ちはあるんですけど、選ばれるかどうかまだ全く見えないんでね」

――でも、今のパフォーマンスならば、自分は代表にふさわしい選手だと思っていますよね?

「今のパフォーマンスじゃなくても思ってましたよ」

 これは本誌編集部と本田圭佑との間で交わされた、Twitter上でのやり取りである。Number948号の特集タイトルは、「僕らは本田圭佑を待っている」。文字どおり、ロシアW杯へ向けて、本田の日本代表での存在価値を再検証し、エールを送る企画である。

 特集のページを作りながら、ずっと考えていた。なぜ自分は、今でも本田圭佑に期待してしまうんだろう、と。31歳になり、昨年11月の日本代表欧州遠征のメンバーからも外れている。それでも、ロシアの地で金髪の背番号4が、日本を救うゴールを決めるんじゃないかと、想像してしまう。

南アフリカ初戦の、あのシーン。

 勝手な結論。やっぱり2010年6月14日、ブルームフォンテーンのマンガウングスタジアムで、あの光景を見たからだと思う。カメルーンとの南アフリカW杯初戦、39分のことだ。

 中盤の遠藤保仁から、右サイドに開いた松井大輔へパスが通る。

 おっ。記者席でぎゅっとペンを握り締めた。

 松井大輔、右足でクロスを送ると見せかけて、切り返し。

 おおっ! 記者席で、ちょっと声が出てしまった。

 松井大輔、左足でクロス。ファーサイドの本田圭佑が、どフリー。

 おおおっ! サッカーの取材者となってから初めて、思わず記者席の椅子から立ち上がってしまった。

 本田圭佑、なんとかボールを足元に収め、左足でゴールに押し込んだ。

 うおおおお! 気がついたら、記者席の隣席で同じく立ち上がっていた初対面のおじさんと、抱き合っていた(後に名刺交換をしたら、某新聞社のヨハネスブルク支局の方でした)。

【次ページ】 手のひら返しと言われるのは承知で。

1 2 3 NEXT
本田圭佑
パチューカ
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ