ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

ルメール×藤沢和雄の黄金コンビ再び。
オブセッションで狙う2年連続の栄冠。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2018/03/14 07:00

ルメール×藤沢和雄の黄金コンビ再び。オブセッションで狙う2年連続の栄冠。<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

外から楽々と差し切ったシクラメン賞の走りを出せれば、オブセッションは十分にクラシック候補の一角だ。

弥生賞では幼い面が出てしまったが。

 肝心のレースだが、4コーナーでは鞍上の指示に反し、外へ逸走しそうになってしまった。そこへ至るまではよい感じで追走していたが、その瞬間に勝負圏外へ去ってしまうほどダメージのある走りで、平地調教注意を課せられてしまった。藤沢は次のように分析する。

「返し馬でポケットに入れたことで、レースでも意識がそっちへ向いてしまったようです。まだキャリアの浅い馬で幼い面が出てしまいました」

 騎乗したクリストフ・ルメールも異口同音に語る。

「待避所を覚えていたみたいで、そちらへ行こうとしてしまいました。まだこれが3回目。馬が子供です」

 とはいえ、この一度の敗戦でこの馬自身の能力がガクッと落ちるわけではない。ルメールは続けた。

「今回は幼い面を出して負けてしまったけど、デビューから連勝したように高いポテンシャルがあるのは間違いありません。経験を積んで成長してくれば、まだ見限れない馬です」

 思えば昨年のダービー馬レイデオロもデビューからの連勝がクラシック戦線の皐月賞で一度は止まった(5着)。しかし、その後、大一番で巻き返してみせた。当時と同じ鞍上のルメールが言うように、この馬のポテンシャルが高いのは事実。その後、皐月賞はパスして青葉賞からダービーへ向かうことが発表された。

 鞍上も引き続きルメールで調整中という。ダービートレーナーの手腕で巻き返すシーンを期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3
クリストフ・ルメール
藤沢和雄
オブセッション

競馬の前後の記事

ページトップ