Number ExBACK NUMBER

平昌のライバル対決を見て思い出す。
シンクロ井村雅代HC「敵を愛せよ」。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/JMPA

posted2018/03/05 07:00

平昌のライバル対決を見て思い出す。シンクロ井村雅代HC「敵を愛せよ」。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

肋骨の骨折を抱えながら、ノーマルヒルでフレンツェルと接戦を繰り広げた渡部。4.8秒差で惜しくも銀となった。

井上康生も相手へのリスペクトを。

 井村氏の言葉は、柔道男子・井上康生監督とも相通じる。

 井上氏は、現役時代にこう話している。

「柔道は対戦する相手がいなければ試合になりません。そして相手が強ければ強いほど、もっと自分も上を目指そうと考えられるし、努力できる。だからそういう選手がいることには感謝しかありません」

 フィギュアスケート男子もまた、印象的だった。

 銀メダルを獲得した宇野昌磨の言葉だ。

「僕にとって、羽生(結弦)選手は最大の目標であって憧れであって、日本一になるのは世界一難しいと昔から考えていました。いつまでも追い続けたいと思っています」

 そして羽生自身も、フィギュアスケートを引き上げたことへの思いを尋ねられたとき、いやいや、と首を振って答えた。

「いちばん最初に4回転ルッツの戸を開いたのはボーヤン(・ジン)だし、それからなんとか僕も限界を超えようと思って、彼を追いかけていただけです。そうしているうちにみんなも強くなって、ネイサン(・チェン)という選手が出てきて、そして宇野選手という日本の素晴らしい選手が出てきました。僕は時代に恵まれたスケーターだなと思っています」

 自分を高めるようと思える相手がいることへの感謝と敬意。

 平昌五輪は、そんな思いを抱きつつ努力を重ねてきた選手たちによる、まさに4年に一度の大舞台であった。

各メダリストが臨んだ決戦を、写真とともに振り返ったNumber947号『完全保存版 平昌五輪 2018総集編 17日間の神話』でぜひお楽しみください!
<完全保存版>平昌五輪 2018総集編17日間の神話。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡部暁斗
エリック・フレンツェル
平野歩夢
キム・ウンジョン
ショーン・ホワイト
井村雅代
井上康生
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ