球道雑記BACK NUMBER

メジャー挑戦を断念して――。
涌井秀章は今季、何を目指すのか?

posted2018/03/02 16:30

 
メジャー挑戦を断念して――。涌井秀章は今季、何を目指すのか?<Number Web> photograph by Kyodo News

移籍5年目を迎える今季も、涌井秀章は4年連続かつ現役最多9度目の開幕投手を視野に入れる。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 埼玉西武で10年、千葉ロッテで4年、主にトレーニングコーチとしてチームに携わってきた大迫幸一が、千葉県館山市に「館山フィットネスセンター ゴルフ&ベースボールアカデミー」を立ち上げたのは昨年春のことだった。

「この時期(初春)にしては随分暖かいでしょう? 南郷(埼玉西武のキャンプ地)にも気候が似ていると思ってね。ここで何かをしようと思ったんだよ」(大迫)

 冬は暖かく、夏は涼しい海洋性気候の千葉県館山市は、合宿のメッカとしてもよく知られている。大迫も2009年の初陽、当時、埼玉西武に籍をおいていた千葉ロッテ・涌井秀章の自主トレの地としてこの場所を選び、以降10年間続けている。

「すぐにここが気に入りましたよ。食べ物もおいしいし、街の人たちも温かい。今度取材じゃないときに、また遊びに来てくださいよ」

 付き合いの深さに関係なく、相手の懐にすっと入って来る。そんな気さくな性格の大迫だからこそ周囲に人が集まって来る。

 トレーニングコーチ時代には、選手との距離感をなくすため、あえて「コーチと呼ばなくていいから」と話し「大迫さん」と呼ばせた。そんな彼のもとには今年も涌井を筆頭に、千葉ロッテの内竜也、益田直也、埼玉西武の炭谷銀仁朗、東京ヤクルトの原樹理らが集まって自主トレを行った。

涌井が「オヤジ」と呼んで慕う。

「近年は色んなトレーニングがありますけど、私の自主トレは基本走ることがメインです。もちろん私も一緒になって走りますし、選手と共に走れなくなったら、そこで終わり。そう決めていますから……。だから、あと何年もないですよ」

 そう、己の信念を話す大迫。

 しかし次の瞬間、「なーんてね」と切り返し、せっかくの良い話を、冗談で笑い飛ばしてしまう掴みどころがない人物でもある。

 自らの性格を「天邪鬼」と称する涌井ともそれは気が合うはずで、涌井もそんな大迫を「オヤジ」と親しみを込めて呼び慕っている。

【次ページ】 涌井の今年のテーマは「原点回帰」。

1 2 3 NEXT
涌井秀章
内竜也
益田直也
炭谷銀仁朗
原樹理
大迫幸一
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ