詳説日本野球研究BACK NUMBER

左打者は俊足よりも強打者がいい?
ドラフトに見るチーム強化の早道。

posted2018/03/03 09:00

 
左打者は俊足よりも強打者がいい?ドラフトに見るチーム強化の早道。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

足も速いが、柳田最大の魅力と言えば長打力。一振りで得点を生み出せる魅力にあふれる。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 昨年のWBCジャパン代表メンバーを見て「変わったな」と思ったのは右打者が多くなったことだ。ベーシックだった打順は、こうだった。

 1番山田哲人、2番菊池涼介、3番青木宣親、4番筒香嘉智、5番中田翔、6番坂本勇人、7番鈴木誠也、8番松田宣浩、9番小林誠司。

 このうち左打者は青木、筒香の2人、控えにも秋山翔吾、田中広輔の2人しかいなかった。

 では過去3回のWBCは、どれくらい左打者がいたのか。

 第1回(2006年/優勝):イチロー、西岡剛(両打ち)、福留孝介、松中信彦、岩村明憲、小笠原道大、川崎宗則、青木、金城龍彦(両打ち)

 第2回(2009年/優勝):イチロー、青木、稲葉篤紀、小笠原、福留、岩村、川崎、阿部慎之助、亀井義行

 第3回(2013年/ベスト4):鳥谷敬、阿部、糸井嘉男、稲葉、角中勝也、本多雄一、松井稼頭央(両打ち)

WBCでは韓国サウスポーに苦しめられた。

 この中で左打者の活躍が目立ったのは、第1回だった。

 打率3割を超えたのは、イチロー.364、西岡.355、松中.433、岩村.389。それが第2回の3割超えは川崎の.429、青木.324、稲葉.318の3人に減り、第3回は0人、第4回は筒香.364、秋山.429の2人だけ。

 第2回で優勝を争った韓国にはポン・ジュングン、リュ・ヒョンジンという好サウスポーがいて、左偏重の日本打線は2人に苦しめられた。この流れもあり“左打者の漸減現象”は今後のプロ野球の流れになると思っていた。

 しかし、昨年の打撃十傑を見ると、そうでもないようだ。

【次ページ】 17年のパは1~5位すべてが左打者。

1 2 3 4 NEXT
筒香嘉智
柳田悠岐
秋山翔吾
清宮幸太郎

プロ野球の前後のコラム

ページトップ