メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「秘密兵器」と称される中後悠平。
2年間のマイナー生活で得た力とは。

posted2018/03/02 07:30

 
「秘密兵器」と称される中後悠平。2年間のマイナー生活で得た力とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

海外FAでダイヤモンドバックス入りした平野佳寿とはチームメイトとなり、キャンプでは合同で練習した。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 厳しい立場であることを十分に理解していても、そこに無用な悲壮感はない。

 ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、招待選手としてメジャーキャンプに参加している中後悠平は、グラウンドでも笑みを絶やさず、終始、リラックスした表情で調整を続けている。

「(メジャーキャンプは)去年も経験させてもらいましたし、今年は(オリックスから移籍した)平野さんもいるので楽しくできているかなと思います」

 渡米後3年目。千葉ロッテから戦力外通告を受けた当時、メジャーのマウンドに立つ姿を思い浮かべることはなかった。「合同トライアウト」を受け、国内独立リーグでプレーするつもりだった。だが、今はまったく違う。過去2年間、過酷なマイナーでの生活を経験する中で、投球技術を磨くだけでなく、精神的にも逞しさを増した。

左打者キラーの「秘密兵器」に。

「とりあえずメジャーに、ビッグリーグに上がって投げることっていうのが第一目標。そこがゴールじゃないですけど、しっかりそこを今は目指して早く上に行けるように全力でアピールしていくしかない。かといって、焦ることなく自分ペースでやっていけたらいいと思います」

 過去2年間、妻子と離ればなれの生活を送ったこともあり、昨シーズン終了後は、日本球界への復帰が頭をよぎる時期もあった。だが、一度踏み出した道を戻りたくはなかった。ダイヤモンドバックスの提示は、これまでと同じマイナー契約。実績があり、メジャー契約が保証されているベテランとは立場も違う。

 その一方で、着実に、その可能性が高くなっていることも、少しずつ肌で感じてきた。実際、かつてヤクルトでプレーした経験のあるトレイ・ロブロ監督は、「とても興味深い選手」と、左打者キラーの「秘密兵器」として期待を隠そうとしない。

【次ページ】 「上がれるチャンスは来ると思うので」

1 2 NEXT
中後悠平
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

MLBの前後のコラム

ページトップ