メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「秘密兵器」と称される中後悠平。
2年間のマイナー生活で得た力とは。 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/03/02 07:30

「秘密兵器」と称される中後悠平。2年間のマイナー生活で得た力とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

海外FAでダイヤモンドバックス入りした平野佳寿とはチームメイトとなり、キャンプでは合同で練習した。

「上がれるチャンスは来ると思うので」

 現時点で、開幕メジャーをつかむことは簡単ではない。ただ、たとえ開幕をマイナーで迎えるとしても、開幕後、チームが苦境に陥った際、声を掛けられる可能性は増してきた。だからこそ、目の前の状況に一喜一憂するつもりもなければ、必要以上にリキむこともない。

「自分の立場も分かっていますし、そんな簡単に(メジャー枠の)40人に入れるわけでもない。そのためには、自分が最大限のピッチングをするだけ。しっかりと自分のことをやっておけば、どこかで上がれるチャンスは来ると思うので、そこは気にしてないです」

 周囲の環境、状況に惑わされることなく、一歩ずつ、足を進めていくしかない。

 腹の据わった心構えに、中後の可能性が見え隠れしていた。

関連記事

BACK 1 2
中後悠平
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

MLBの前後の記事

ページトップ