フランス・フットボール通信BACK NUMBER

イラクのサッカー界は復活したか?
“負けたら拷問”時代からの復興。 

text by

クエンタン・ミュレール

クエンタン・ミュレールQueentin Muller

PROFILE

photograph bySebastian Castelier

posted2018/03/01 17:00

イラクのサッカー界は復活したか?“負けたら拷問”時代からの復興。<Number Web> photograph by Sebastian Castelier

フセイン家の支配下で投獄され、拷問されたシャラル・ハイダルは、イラクサッカー界の復活に取り組んでいるが……。

「ウダイは恐怖でわれわれを支配したが」

 元代表選手のタレク・アブドゥルアミル・サルマニは当時、ウダイ・フセインの秘蔵っ子であり、友人たちがウダイからどれほどの責め苦を受けたかよく覚えているという。

 サルマニが回想する。

「(チームメイトの)サイド・カシスが投獄されたとき、看守たちは彼の房室の壁に自転車の絵を描いて、拷問をされている間、自転車に乗っているように振る舞えと強要したんだ……」

 イラク・プレミアリーグで過去4度の得点王に輝いたカリム・サダムは、2007年のアジアカップ優勝以来国際タイトルから遠ざかっている今日のイラクを強く批判する。

「それぞれが勝手な考えを持って自分のやりたいようにしている。ひとつの確固とした方針がイラクには存在しない。

 たしかにウダイは恐怖でわれわれを支配したが、しかし当時はイラクがどこに進めばいいかというたしかな方向性があった」

 手段を間違えた。それだけのことではあるのだが……。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
シャラル・ハイダル
ウダイ・フセイン
サダム・フセイン
ドイツW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ