ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

酒井高徳は名門で不可欠の存在だ。
監督交代もキャプテン継続の理由。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/24 07:00

酒井高徳は名門で不可欠の存在だ。監督交代もキャプテン継続の理由。<Number Web> photograph by Getty Images

香川とも激しいマッチアップを繰り広げた酒井。コンスタントに出場機会を得ている。

リーダーシップを体現する男。

 そもそも酒井がHSVに加入したのは、シュツットガルト時代の恩師だったラバディアがいたからだった。そのラバディアが職を追われたあとに、酒井はキャプテンを任されたのも因縁めいているのだが。

 どんな監督のもとでも試合に出続け、リーダーシップとプロフェッショナリズムを評価される。ゴールやアシストとは違って一見わかりづらいが、異国の地で高く評価されているのが酒井なのだ。

 Jリーグが開幕して25年が経ち、数多くの選手がヨーロッパに渡った。ビッグクラブでタイトルを獲得した選手はいたし、多くのゴールを決めてヒーローになった選手もいた。ただ、これだけ異なる指揮官からキャプテンを任された選手はいない。

 時代によってサッカーの流行は変わる。走るスタイルであったり、パスをつなぎきるスタイルがもてはやされる。

 でも、いつの時代にも変わらず、求められることがある。それはリーダーシップであり、プロフェッショナリズムである。それを体現しているのが酒井高徳なのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
ハンブルガーSV
酒井高徳

海外サッカーの前後の記事

ページトップ