ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

武藤嘉紀の言葉が、面白くなった。
「耐えて耐えて……ヒーローにね」 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/02/19 10:30

武藤嘉紀の言葉が、面白くなった。「耐えて耐えて……ヒーローにね」<Number Web> photograph by Getty Images

今季ブンデスでは22節終了時で6ゴール。低空飛行が続くチームにあって、武藤は着実に結果を残している。

耐えて、耐えて、ヒーローになりたい。

 現役日本人選手のなかでも、武藤はクロスに合わせる能力はトップクラスで、マインツでもその形で決めたものは多い。長身でなくても得点を奪えているのは、タイミングと動き出しで勝負しているからこそだ。

 ただチームの連係が上向かなければ、彼の良さも生かしきれない。2月14日の全体練習後、武藤はキャプテンのブンガートら中心選手4人と居残りでクロスからのシュート練習に20分以上費やしていた。ほとんどの選手がロッカールームへと引き上げていくなかで、監督もまた、その様子をじっと見つめていた。その光景が印象的だった。

 武藤は練習を終えて、こう話した。

「監督もピリピリしているかもしれない。でも、それで気合が入っていたし、良い練習ができたんじゃないですかね。ここからの試合は本当に大事で。内容は差し置いて、とにかく勝たないと。悪くても点を取る。貪欲に狙っていかないといけないですよね。今は失点するとガクっと来ちゃうから、とにかく先に点を取られるのだけは避けないと。耐えて、耐えて、自分としてはそこでヒーローになりたいね」

 そう言って、武藤は笑った。

W杯もそうだしステップアップしたい。

 昨年から武藤は初詣に行き、お祓いをするようになった。一昨年は怪我が重なったが、くしくも厄年だった。それもあって昨年初めには、厄除けや護摩焚きもした。今年もまた初詣に出向き、こんなことを祈ったという。

「身体健全と心願成就」

 その意図は、どこにあったのか。

「もちろん、W杯はそうだし、さらにステップアップするための願いも込めた。自分自身、今年は一番勝負の年になると思うし。最高の1年にするために。そして、そのために2年間、上手くいかない時期があったと思えるようにね。今年は良い年になるんじゃないかな、って思っているから」

【次ページ】 ドイツ語の勉強も貪欲に取り組んで。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

武藤嘉紀
マインツ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ