フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

超人的強さでトップの羽生結弦!
宇野昌磨も3位につけたSP結果詳報。

posted2018/02/16 18:00

 
超人的強さでトップの羽生結弦!宇野昌磨も3位につけたSP結果詳報。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

SP終了後の記者会見でのトップ3。フェルナンデスも羽生も宇野も、皆いい笑顔である。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Ryosuke Menju/JMPA

 2月16日、いよいよ開幕した男子SPは、オリンピックという特別な舞台に相応しい素晴らしい戦いとなった。団体戦での男子SPとはうってかわり、トップ5位までがノーミスの演技を見せて会場を盛り上げた。

 最終グループの6人が出てくると、会場は割れそうな歓声に包まれた。

 羽生結弦、ネイサン・チェン、ミハイル・コリヤダ、宇野昌磨、ハビエル・フェルナンデスそしてボーヤン・ジンの世界最強の6人。

 おそらくこの6人の中から、オリンピック王者が誕生する。そんな緊迫した空気の中で、1番滑走は羽生だった。

並外れた集中力でトップに立った羽生。

 朝の公式練習では何度か4サルコウで失敗し、これは大丈夫だろうかと見ていた観客をハラハラさせた。

 だが本番では、ゆっくりと呼吸を整えてショパンの音色に合わせて演技を開始すると、みごとに4サルコウ、後半に入れた3アクセル、4+3トウループもきれいにきめて、会場にいたすべての観客にスタンディングオベーションをさせた。

 111.68でトップに立つ。

 この強さが、他でもない羽生結弦である。

 これまでの公式練習では、注意深くペースを保って限られた最低限の数のジャンプしか練習してこなかった。だがいざ本番となったときの集中力は、やはり並みのアスリートではない。

「(練習の時に)曲(かけ)のほうでサルコウを失敗しちゃって若干の不安があったことはあった」と言いながらも、「でも今日はブライアン(・オーサー コーチ)も(ボード際に)立っていたし、ジスラン(・ブリアン コーチ)も立っていたし、何より皆さんの声援を聞くことができて、久しぶりに帰ってきたなと思いました」と復帰の喜びを表現。

 4ループは入れなかったものの、「サルコウもトウループもアクセルも何年間も自分に付き合ってきてくれたジャンプ。そういう意味で感謝をしながら跳びました」と満足そうに語った。

【次ページ】 完璧な演技で2位のフェルナンデス。

1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
ボーヤン・ジン
ドミトリー・アリエフ
田中刑事
ネイサン・チェン
ミハイル・コリヤダ
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ