フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

超人的強さでトップの羽生結弦!
宇野昌磨も3位につけたSP結果詳報。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2018/02/16 18:00

超人的強さでトップの羽生結弦!宇野昌磨も3位につけたSP結果詳報。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

SP終了後の記者会見でのトップ3。フェルナンデスも羽生も宇野も、皆いい笑顔である。

完璧な演技で2位のフェルナンデス。

 2位にたったのは、6人中5番目の滑走のハビエル・フェルナンデスだった。

 チャップリンの『モダン・タイムス』のプログラムで、4+3トウループ、4サルコウ、そして3アクセルと完璧にきめた。

 どのジャンプも着氷に余裕があり、107.58で2位についた。

「オリンピックとはいえ、とても落ち着いた気持ちで自信をもって滑ることができました。そのおかげで良い演技ができたのだと思う」と語った。

「団体戦が役に立った」とSP3位の宇野。

 宇野昌磨は平常通りの落ち着いた表情でポジションについた。

 ビバルディのバイオリンの音色に合わせて4フリップ、そして後半の4+3トウループ、そして3アクセルではぐっとこらえるようにして着氷すると、笑顔がもれた。

 これまで見たオリンピック初出場の日本選手の中で、宇野ほど自然体のスケーターは見たことがない。

「どんな試合ともあまり変わらずに、オリンピックだからという特別な意識はなかったです。でも今シーズンの中で一番気持ちが高まって体が動きすぎてしまうというところがあったので、スケートであったり、いろんなところで小さなミスがあった。でも団体戦(に出たこと)は少なからず役に立ったと思います」と自分を冷静に分析した。

【次ページ】 パーソナルベストスコアで4位に立ったジン。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
ボーヤン・ジン
ドミトリー・アリエフ
田中刑事
ネイサン・チェン
ミハイル・コリヤダ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ