オリンピックへの道BACK NUMBER

羽生結弦、圧巻の帰還と柔和な笑顔。
「スケートしているのが楽しくて」

posted2018/02/16 17:30

 
羽生結弦、圧巻の帰還と柔和な笑顔。「スケートしているのが楽しくて」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

リンクに舞い、ジャンプを成功させ、ファンが歓声を挙げる。羽生結弦という才能が戻ってきたのだ。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki/JMPA

 リンクに還ってきた羽生結弦が見せたのは、圧倒的な存在感だった。

 2月16日、江陵アイスアリーナ、フィギュアスケート男子ショートプログラム。羽生は最終グループ、全体の25番目に登場した。曲はショパンの『バラード第1番ト短調』。リンクの真ん中へと進むと、場内が大きな歓声に包まれた。

 曲が流れる。閉じていた目を開くと、羽生はすでに曲の世界にいた。

 冒頭は4回転サルコウ。6分間練習では成功しないこともあったが、本番で見事に成功させる。

 その後に繰り広げられたのは、圧巻の演技だった。

着氷の瞬間、小さくガッツポーズ。

 スピンを2つ挟んだあとのトリプルアクセルはきれいに着氷。4回転トウループ、3回転トウループのコンビネーションでは、3回転で両手を上げてやはりきれいに着氷すると、小さく両手でガッツポーズをした。

 そのたびに起こる拍手と歓声は、ステップとスピンを経て、曲が止んだとき、ピークに達した。地響きのような歓声と拍手が湧き起こり、たくさんの人々が立ち上がった。

 得点は111.68。うち技術点は63.18、演技構成点は48.50。他の競技者を引き離し、トップでフリーに向かうことになった。

 観る者に一切の不安を覚えさせない高い完成度と、曲の世界に引き込む演技を成し遂げた羽生は、演技のあとにこう語った。

「特に不満な点もなく、自分自身、疑問に思うエレメンツもありませんでした」

 当地に入ってからの練習では、好調を感じさせた。ジャンプをはじめ、身のこなしには切れがあり、スケーティングそのものも流れるかのようだった。

 動作だけではない。羽生の表情には常に落ち着きがあり、楽しんでいるかのような柔らかな笑顔もしばしば見せた。

【次ページ】 「今日を大事にしようと思っています」

1 2 3 NEXT
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
平昌五輪
オリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ