フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

超人的強さでトップの羽生結弦!
宇野昌磨も3位につけたSP結果詳報。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2018/02/16 18:00

超人的強さでトップの羽生結弦!宇野昌磨も3位につけたSP結果詳報。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

SP終了後の記者会見でのトップ3。フェルナンデスも羽生も宇野も、皆いい笑顔である。

予想外は……17位のネイサン・チェン。

 オリンピックにサプライズはつきものだが、最大のサプライズは優勝候補と目されていたネイサン・チェンが大崩れしたことである。

 出だしの4ルッツで転倒し、必死でリカバーしようとするが後半の4トウループ、3アクセルでいずれもステップアウト。ジャンプが一度もきれいにきまらず、82.27でSP17位。

 アダム・リッポンがノーミスで7位、ヴィンセント・ゾーが4ルッツと4フリップをきめて12位という中で、アメリカ勢の中で最下位という信じられないスタートになった。

「ここに来るまでやるべきことは全てやってきたけれど、何かがかみ合わなかった。チームで話し合いをして、フリーではベストな演技ができるように気持ちを切り替えます」と翌日の決勝への抱負を口にした。

 五輪初挑戦となった田中刑事は、出だしの4サルコウが回転不足となって転倒。残りはノーミスで滑り切ったが80.05で20位スタートに。

「こっちに来てああいうミスはしていない。雰囲気に勝てなかったぼくのミスだと思います」と唇をかみ、「フリーはもう思い切りいく」と、翌日への決意を語った。

<平昌五輪直前総力特集>最強のふたり。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
羽生結弦
宇野昌磨
ハビエル・フェルナンデス
ボーヤン・ジン
ドミトリー・アリエフ
田中刑事
ネイサン・チェン
ミハイル・コリヤダ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ