Number ExBACK NUMBER

メドベデワ、ザギトワを生んだ
ロシア“虎の穴”潜入取材の舞台裏。 

text by

栗田智

栗田智Satoshi Kurita

PROFILE

photograph byOlga Skorupskaya

posted2018/02/08 08:00

メドベデワ、ザギトワを生んだロシア“虎の穴”潜入取材の舞台裏。<Number Web> photograph by Olga Skorupskaya

バレエやダンスなど、スケーティングの技術以外の演技レッスンにも、多くの時間が割かれているサンボ70。

「言っとくけど、撮影はだめよ。準備してないから」 

 緊張して待つこと4、5分、はたして彼女は目の前に現れた。

 眉間にしわを寄せ、機嫌が悪いときの見本のような顔をしている。

 そして椅子に座るなり、髪をかき上げ開口一番、「言っとくけど、今日は撮影はだめよ。準備してないから」 とカメラマンに宣言する。そのオーラに気圧され、カメラマンも私も黙ってうなずくしかない。

 あとで聞くと、ヘアスタイルやメイクなどいろいろあるらしい。そこはやはり女性なのだろう。

 時間が限られているので、単刀直入に、フルスタリヌィのコーチになった経緯、指導スタイルはいつ確立されたのか、メドベデワやザギトワの育成エピソード、選手とコーチそれぞれの目標などなど、矢継ぎ早に質問を浴びせていったのだが、それでも嫌な顔もせずひとつひとつの質問に丁寧に答えてくれる。

 あれ、けっこういい人なんじゃ……。

やっぱりいい人? かなりのお茶目さん?

 しかし、こちらが黙った一瞬の間断を突き、「じゃあ、もういいでしょ?」と立ち上がりインタビューを切り上げようとする。

 たしかにもう5分以上経っているのだが、あわてて引き止め、これが最後の質問だからとなだめると、「わかったわよ、仕方ないわね」とぶつぶつ言いながらも座り、またしばらく話し込んでくれるのだった。

 やっぱりいい人なんじゃ……。

 それでも最後は、椅子からおしりを徐々にずらし、帰りたいアピールをしてくる。いたずらっ子のようにおどけた表情まで見せている。これはいったい何なのだろう。

 じつはかなりのお茶目さんなんじゃ……。

 聞きたいことは聞けたのだが、なんだか狐につままれたようなインタビューだった。

【次ページ】 コーチがリンクに現れると、選手の表情が一変!

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
エフゲニア・メドベデワ
アリーナ・ザギトワ
サンボ70
ポリーナ・ツルスカヤ
アンナ・シェルバコワ
ダリア・パネンコワ
アナスタシア・タラカノワ
エテリ・トゥトベリーゼ
アレクサンドラ・トゥルソワ
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ