沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

キタサン満票を阻止した障害の名馬。
オジュウチョウサンの絶対王者ぶり。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/01/30 17:00

キタサン満票を阻止した障害の名馬。オジュウチョウサンの絶対王者ぶり。<Number Web> photograph by AFLO

障害馬でこれほどの知名度、人気を持つオジュウチョウサンは極めて突出した存在だ。

障害を越えるとき、騎手の視界に後ろ脚が入る。

 障害馬としてどんなところが優れているのか。和田調教師は「すべてです」と言い、つづけた。

「心肺機能が素晴らしく、スタミナがある。機敏だし、パワーもある。石神騎手によると、体もすごくやわらかい。人間で言うと、運動神経がいい、ということでしょうか。中山大障害の最後の障害のように、スピードが乗ったところでも、減速せずにそのまま飛んでしまうところなどはすごいと思います」

 オジュウチョウサンの体のやわらかさは、石神を驚かせるほどのものだ。

「普通はあり得ないんですけど、障害を越えるとき、ぼくの視界に馬の後ろ脚が入ってくるんです。それだけ深く後ろ脚を折り込んでいるのでしょうね」

 並の馬と異なるところはほかにもある。

「普通、障害の馬というのは、首を高くしてジャンプするんです。けれどもオジュウチョウサンは、首を低くして走ったまま飛んでしまう。初めて乗ったとき、この馬、本当に障害を走ってきたのかな、と思ったほどです」

 馬が障害の練習をするときは、まず、首を高くすることから始めるという。オジュウチョウサンは、「障害の常識」からはみ出た飛越をする馬なのだ。

「怖がっていないどころか……」

 着地のとき、つまずいてバランスを崩しかけているように見えたことも一度ならずあったのだが、鞍上にいると、その感覚もまるで違うのだという。

「確かに、つまずくこともあるのですが、ぼくが乗っている土台は、まったくブレていないんです。うまく着地できるかどうかは、踏み切る前にもうわかるんですよ。オジュウチョウサンは、踏み切るときに絶対に転ばないとわかるんです。障害を怖がっていないどころか、舐めて飛んでいるんじゃないかと思うこともあります(笑)」

 障害というと、どうしても、「平地でダメだった馬たちのレース」と見られがちだが、オジュウチョウサンは、そうしたネガティブさを感じさせない「天性のジャンパー」と言えよう。

「やはり、負けられないプレッシャーを感じています」

 と石神。名馬について語る主戦騎手は、みな、いい顔をしている。

【次ページ】 久々に現れた「客を呼べる障害馬」。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オジュウチョウサン
キタサンブラック

競馬の前後のコラム

ページトップ