炎の一筆入魂BACK NUMBER

広島は一軍帯同選手に新人ゼロ!
高卒から名選手へ、奇跡の育成力。

posted2018/01/23 07:00

 
広島は一軍帯同選手に新人ゼロ!高卒から名選手へ、奇跡の育成力。<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ4年目の塹江は、今年こそ開幕一軍入りを狙う。左投手不足がチームの弱点とされているだけに、周囲の期待は大きい。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 球春到来――。

 2月1日からプロ野球の春季キャンプが始まる。ユニホームを着た選手たちの姿に、プロ野球のシーズンの幕開けを感じる。

 特に新戦力や若手の話題が豊富で希望に溢れたこの時期は、12球団すべてのファンが優勝というゴールを夢見ることができる特別な時間。野球で心躍らされる球春の到来である。

 1月19日に、昨年セ・リーグを連覇した広島の春季キャンプ一軍、二軍の振り分けが発表された。

 昨年右足首を手術した鈴木誠也は一部別メニューながら一軍スタートとなり、注目されたドラフト1位の中村奨成(広陵)は二軍スタートとなった。

スカウティングと育成力がガッチリ噛み合っている広島。

 広島の一軍キャンプ帯同選手の中で、新戦力は新外国人のレオネル・カンポス1人。

 セ・リーグの5球団が打倒広島に向けて補強を進めても、広島は今年も静かなオフとなった。

 昨秋ドラフトでも、素材重視の指名。2人の大学生投手も素材型だったこともあり、近年では珍しい新人ゼロスタートとなったわけだ。

 今オフの補強戦略、そして今春の一、二軍振り分けから、近年広島が力をつけている理由が見えるような気がする。

 それはスカウティング力と育成力がしっかりと連携し、かみ合っているところにある。

 特に分離ドラフト制度が撤廃された'08年以降のドラフトから、その力が遺憾なく発揮されている。

【次ページ】 広島は昔から高校生をドラフト指名し、育ててきた。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中田廉
今村猛
中崎翔太
戸田隆矢
鈴木誠也
中村祐太
広島東洋カープ
緒方孝市
高橋昂也
坂倉将吾
アドゥワ誠
高橋樹也
塹江敦哉
藤井皓哉
桑原樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ