フランス・フットボール通信BACK NUMBER

カバーニはPSGで過小評価されてる!
ハリル、クリンスマンが知性を絶賛。 

text by

クリストフ・ラルシェ&フレデリック・エルメル&アレクシス・メヌージュ&バレンティン・パウルッツィ

クリストフ・ラルシェ&フレデリック・エルメル&アレクシス・メヌージュ&バレンティン・パウルッツィChristophe Larcher et Frederic Hermel et Alexis Menuge et Valentin Pauluzzi

PROFILE

photograph byAlain Landrain/L'equipe

posted2018/01/19 11:00

カバーニはPSGで過小評価されてる!ハリル、クリンスマンが知性を絶賛。<Number Web> photograph by Alain Landrain/L'equipe

リーグアン得点記録も更新したカバーニ。得点を獲り続けた実績は、ネイマールらの脇役に甘んじるものではない。

どんなDFでも置き去りにできる駆け引きのうまさ。

 私がそう思うのは、彼にはどんな困難にも決して挫けることなく、批判をはねのけられるメンタルの強さがあるからだ。そのうえ今、彼の前に大きな障害があるわけでもない。また技術的な批判ももはや無意味だ。技術面でも彼は大きな進歩を遂げた。

 モダンフットボールにおいてストライカーはすべてが求められる。スピードがあって高度なコンビネーションを実践できる。そして正確なテクニックも。根気よくプレスをかけたうえに得点も決める。本当にすべてだ。そしてカバーニはそのすべてを高いレベルで備えている。

 彼はPSGをチャンピオンズリーグ決勝まで導けるだろう。そう確信しているのは、ふたりの卓越したアタッカーが彼をサポートするからだ。そしてパリのスター選手たちが春になっても全員がトップコンディションにあるならば、彼らは頂点を極めることができるだろう。

 パリの前線3人は、相手がどこであろうと恐怖に陥れられる。なかでもカバーニは、どんなディフェンダーでも置き去りにできる駆け引きのうまさがある。その卓越した能力で、彼がPSGを牽引するのは間違いない」

「彼は典型的なペナルティエリア内の狐だ」

<ユルゲン・クリンスマン(インテル、モナコ、バイエルンなどでセンターフォワードとして活躍。ドイツ代表108試合出場、1990年ワールドカップ優勝。監督としてはバイエルン、ドイツ代表、アメリカ代表の指揮を執る)>

「彼はドイツでは、典型的なペナルティエリア内の狐と見なされている。ボールがゴール前に運ばれると、彼はしばらく後にプレーに関わる。というのも、ずっと待ち構えているからだ。

 彼は本物のファイターだ。その輝きと身体からは、まるで戦争に出かけるような雰囲気を醸し出している。そのうえ彼はどんなときでも努力を止めない。それは様々な異なる資質を持っているからだ。大会のレベルや対戦相手が誰であろうと関係なく、常にベストを尽くす。彼の唯一の目的は“勝つ”しかないように見える。

 ナポリに在籍した当時から、すでに効率の良さとリアリズムには疑いようがなかった。だがPSGに移ってからは、銀河系に輝く最高のストライカーたちの仲間入りを果たせるほどの飛躍を遂げた。結果が本当に素晴らしい。

 センターフォワードにとって最も難しいのは、コンスタントに点を取り続けることだ。少しでも調子を落とすとメディアに即座に叩かれる。ところが彼は、ほぼ毎試合ゴールを挙げている。また自分で得点を決めないときでも、チームメイトのために献身してアシスト役に徹している。ここ数年コレクティブな面での進歩は著しい。

【次ページ】 チームメイトのために貢献できる知性がある。

BACK 1 2 3 4 NEXT
エディンソン・カバーニ
パリ・サンジェルマン
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ステファン・シャプイサ
ユルゲン・クリンスマン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ