日々是バスケBACK NUMBER

NBAを目指し、シュートは譲らない。
渡邊雄太が戦う大学での最後の1年。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYoko Miyaji

posted2018/01/13 07:00

NBAを目指し、シュートは譲らない。渡邊雄太が戦う大学での最後の1年。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

8チームが集結した昨年11月のラスベガス・インビテーショナル。渡邊が所属するジョージワシントン大は2戦2敗に終わった。

「シュートは自分の武器として、なきゃいけない」

 そのためにも、自分の一番の武器を安定して出せるようになることが必要だ。

 最近ではディフェンス力が評価されることが増えてきた渡邊だが、アメリカに出てきた当初から、他の何よりも得意とし、よりどころとしていたのはシュート力だ。

 子供のころから父とともに毎日シュート練習してきた積み重ねが、その自信につながっている。今でも、夜のシュート練習は欠かさない。

 しかし大学に入ってからは、得意だったはずのシュート力が安定しない。よく入る試合もある一方で、同じぐらい、まったく決まらない試合もある。

「自分のシュートも波がありますし、しかもスカウティングされているので余計に安定してこない。でもスカウティングされるっていうことはわかっているんで、まずは自分のリズムをしっかり作って、自分の中ではコンスタントに、いつでも同じようにいいシュートを打てるようにしないといけないと思っています」

 そして、それだけ波があることを自覚しながらも、得意なことは何かと聞かれれば、きっぱり「シュート」と言い切る。

「逆にそう言えなくなると自分はこのレベルで……このレベルだけでなく先を考えたときに生き残っていけない。そのためにシュートは自分のひとつの武器としてなきゃいけない。だから得意なことは何かと聞かれたら、やっぱりそれはシュートになると思います」

 自分を信じ、貫き通す芯の強さはトッププレイヤーに必要な素質だ。渡邊にとってシュートへのこだわりは、そのひとつなのかもしれない。

貴重な日本とのつながりであるツイッターを一時中断。

 ゼイビア大と対戦したラスベガス・インビテーショナルが終わった後、渡邊は自らのツイッターアカウントに「今シーズン終わるまで一旦ツイッター止めまーす! またシーズン後にお会いしましょう」と書き込み、更新を止めた。

 遠く海を越えたアメリカで上を目指す渡邊にとって、ツイッターは日本にいるファンとつながることができるツールで、かけられる言葉が励みになったこともあった。それでも中断しようと思ったのは、改めて自分を見つめなおしたかったからだという。

【次ページ】 周囲の視線よりも、自分で自分を見つめるために。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡邊雄太

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ