オリンピックへの道BACK NUMBER

ISU公式初の3アクセル+3トウループ。
全日本でも大注目、15歳の紀平梨花。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/12/15 08:00

ISU公式初の3アクセル+3トウループ。全日本でも大注目、15歳の紀平梨花。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

浅田真央の時と同様、年齢制限のため平昌五輪には間に合わない紀平。3アクセルを武器に、世界トップを目指して欲しい!

これまでのジャンプ技術をすべて直した!?

「濱田美栄先生に憧れがあって、教えてほしいと思っていました。お願いしたら、『まず3カ月やってみましょう』というところから習い始められたんです」

 その後濱田、田村岳斗コーチに正式に指導を仰ぐことになると、紀平のスケーティングは一変する。

「すべてのジャンプを直しました。どこを、というより、細かなところまで全部です。

 でも、そのすべての指導がとても納得できる内容で、どんどんジャンプが決まっていったんです。最初はトウループが苦手だったんですけど、それもできるようになりました」

ネイサン・チェン同様の「回転の速さが武器」。

「好きなのは体育です」と言うように小さな頃から足が速かった。

 中学2年生のときの50m走のタイムは7.8秒。同学年の女子の全国平均を1秒強上回り、男子の平均よりも速い。

 その事実が象徴する、もともとの身体能力の高さと、ごく若い時期に基礎からの指導を吸収できたこともあいまった上での結果だった。その後、濱田コーチいわく「回転の速さを武器に」高難度のジャンプを次々にクリアできるようになっていったという。

 「回転の速度が特長」という点では、男子フィギュア界で急成長中のネイサン・チェンと共通する。

 紀平が3アクセルの練習を始めたのは小学6年生のとき。中学1年生では早くもプログラムに組み込み、試合でチャレンジしていた。

【次ページ】 「大きな舞台だと緊張するところがあった」

BACK 1 2 3 4 NEXT
紀平梨花
浅田真央
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ