セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ミランにガットゥーゾが帰ってきた!
愛と罵倒は堕ちた名門を救うのか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/12/15 11:30

ミランにガットゥーゾが帰ってきた!愛と罵倒は堕ちた名門を救うのか。<Number Web> photograph by Getty Images

ガットゥーゾほど、現役時代とイメージが変わらない指導者も珍しい。その魂は弱りきったミランに乗り移るのか。

監督としての初戦で、歴史に残る赤っ恥。

 しかし、ミラン監督ガットゥーゾの初陣は惨憺たるものだった。

 就任1週間で迎えたセリエA監督デビュー戦の相手は昇格組ベネベント。開幕以来14戦全敗、欧州1部リーグ史上最弱といわれる彼らに、ガットゥーゾのミランは勝つことができなかった。

 2-1でリードしていた95分に、相手FKから同点ゴールを許しただけでも間抜け扱いは免れないのに、よりによって攻撃に関しては素人のGKブリニョーリに破れかぶれのヘディングゴールを決められてしまったのだから目も当てられない。ミランは歴史に残る赤っ恥をかいたのだ。

「試合最後のプレーでGKに得点されるなんて、ナイフで腹にブスリとやられた方がマシだよ」

 新監督の物騒な嘆き節も飛び出した “ベネベント・ショック”から5日後、ミランはELでも失態を晒した。リエカへの遠征で0-2の大会初黒星を喫したのだ。

 すでにグループリーグ突破を決めていたから良かったものの、ベネベント戦から先発10人を入れ替えた新指揮官の采配には、早くも懐疑の目が向けられた。

「真夏の夜の夢よ、さらば。だが、悪夢はつづく」(『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙)

 ガットゥーゾのミランの門出は最悪だった。

頼れるオヤジは、SNSアカウントなんて持っていない。

 精悍そのものだった現役時代に比べると目尻が下がり、腹回りにとっぷりと肉がついた監督ガットゥーゾは、選手たちの兄貴分というより、“頼れるオヤジ”の風格がついている。SNSアカウントなんてものは持っていない。

 元サッカー選手というより、腕一本で稼ぐ南イタリアのオリーブ農家経営者という風体だ。

 '12年夏からシオン(スイス)でプレイングマネージャーの経験を積み、セリエB時代のパレルモやギリシャを渡り歩いた。'15年に3部ピサの監督に就任するとクラブの財政危機と戦いながら2部昇格を果たしたが、2年目にあたる昨季、42試合でわずか23ゴールという得点力のなさに泣いて降格した。リーグで2番目に失点の少なかった堅守のチームが降格するという珍ケースだった。

【次ページ】 「走行距離でケツから2番目とはどういうワケだ?!」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ジェンナーロ・ガットゥーゾ
ACミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ