セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ミランにガットゥーゾが帰ってきた!
愛と罵倒は堕ちた名門を救うのか。

posted2017/12/15 11:30

 
ミランにガットゥーゾが帰ってきた!愛と罵倒は堕ちた名門を救うのか。<Number Web> photograph by Getty Images

ガットゥーゾほど、現役時代とイメージが変わらない指導者も珍しい。その魂は弱りきったミランに乗り移るのか。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

“闘犬”が帰ってきた日、サン・シーロは雪になった。

 氷点下の寒さだが、ミランの新監督ガットゥーゾにとっては物の数ではない。

「試合に集中してたら寒さなんて感じない。ハダカだっていいぐらいだ。俺が預かっているのはミランのベンチなんだぞ」

 雪の勢いは増すばかりだったが、クラブ愛に満ちる新指揮官の言葉には熱が宿っている。ロッソネロの“闘犬”としてイタリアや欧州で暴れまわったガットゥーゾは、窮状にある古巣を救えるのか。

 クリスマス前だというのに、ミランの置かれた状況は決して芳しくない。

 14節トリノ戦で引き分けた後、ミラン経営陣は成績不振を理由にモンテッラ監督を解任した。

 来季CL出場圏である4位との勝点差は11に引き離されており、順位表上位との対戦成績は6戦全敗。勝点は、戦力で劣っていた昨季の同時期より9ポイントも少ない。チームは淡白でまとまりがなく、誰もが他人事のようにプレーしていた。

時期尚早気味だが、ガットゥーゾしかいなかった。

「もはや足踏みが許される時間は残っていない」(ミラベッリSD)

 後任を託されたのが、今季からプリマヴェーラ(ユースチーム)の監督として古巣ミランに復帰していたガットゥーゾだ。

 名将アンチェロッティに率いられた2000年代の黄金時代に、彼はCLやクラブW杯を含むタイトルを総なめにした。イタリア代表としてドイツW杯も制している。

 13年間のクラブ奉公の後、「いつか監督として戻ってくる」と言い残してミラノを後にした。あれからまだ5年と少ししか経っていない。

 来年1月で40歳になるガットゥーゾは「少し時期尚早だと思わないでもない」と就任会見でほのめかしたが、だからといって古巣の危機に尻込みしたとあれば、彼の男がすたるというものだ。

【次ページ】 監督としての初戦で、歴史に残る赤っ恥。

1 2 3 4 5 NEXT
ジェンナーロ・ガットゥーゾ
ACミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ