Number ExBACK NUMBER

ボーヤン・ジンを探して――。
中国大陸を駆け巡った奇妙な取材記。 

text by

西谷格

西谷格Tadasu Nishitani

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/12/08 18:00

ボーヤン・ジンを探して――。中国大陸を駆け巡った奇妙な取材記。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

2022年に北京で開催予定の冬季五輪で金メダルを取ることが目標という金博洋。

沢山の子どもたちが滑るリンクに、金博洋がいる!?

 金博洋はどこにいるのだろうと思って、観客席にいたコーチ風の中年女性に聞いてみた。

 女性は「CHINA」と書かれたキャップ帽をかぶっていて、ベンチコートには中国国旗もプリントされている。ナショナルチームの関係者かもしれない。

 女性は、「ここはスピードスケートのリンクだから、フィギュアの選手を探しているなら、隣の建物に行きなさい」と教えてくれた。

 言われた通りの建物に入ってみると、小学生ぐらいの子供や高校生ぐらいのジュニア選手たちがレッスンを受けていて、自由自在に氷上を行き交っていた。ジュニア選手は時々2回転ジャンプの練習をしていたが、目の前で見るジャンプはテレビ画面とは印象がまったく違い、人間離れした曲芸のような動きに思わず目を見張った。

 リンク脇の女性コーチに金博洋はいるかと聞いてみると、「彼とは会ったことはあるけど、チームが違うのでわからない。事務所で聞いてみるといいですよ」とのこと。事務所の入っている建物に向かい、階段を上って事務所の部屋のドアを恐る恐るノックした。

簡単にお母さんとコーチの電話番号を教えてくれた!

「請進(どうぞ)!」という若い女性の声が聞こえ、なかに入ると20代後半ぐらいの女性が個室で1人事務作業をしていた。

「日本の雑誌記者の者ですが、金博洋に話を聞きたいのですが」

 そう伝えると、彼女は淡々とした口調で、「金博洋なら北京にいますよ」と言った。北京の首都体育館でナショナルチームに合流し、トレーニングをしているのだという。

「詳しいことはお母さんとコーチに聞いてみるといいですよ」

 そう言って、母親とコーチの携帯電話の番号を教えてくれた。ありがたい。「非常感謝!」とお礼を言って事務所のドアを閉め、早速母親に電話した。

【次ページ】 今度は片道1000キロを越え、北京へと向かう。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ボーヤン・ジン
金博洋
申雪
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ