ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー史上最高の司令塔に直撃。
ダン・カーター流、SNS活用術って? 

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/11/24 11:00

ラグビー史上最高の司令塔に直撃。ダン・カーター流、SNS活用術って?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

今回で4度目の来日になるダン・カーター。取材の数日後にはトップリーグ移籍の噂が流れたが果たして?

もちろん、日本ラグビーの話も聞きました。

 インタビューの数時間後、彼のインスタグラムが更新されていた。場所はどこぞかの居酒屋。テーブルにはおしぼりと冷の日本酒がある。その表情はとても和やかで、今回の旅の最後となる和食を楽しんでいるかのように見えた。

 何だよ、ダン・カーターに取材しておいて、ラグビーの話は何もなしかよ、という読者の方々のために――彼はこうも言っていた。

「調子のいい時と悪い時のギャップが大きすぎる」

「世界代表戦とワラビーズ(豪州代表)戦を観たかぎりでは、調子のいい時と悪い時のギャップが大きすぎる。80分間のプレーにムラがあっては、インターナショナル・レベルで戦うには厳しいものがあります。

 ジャパンはジェイミー・ジョセフ(ヘッドコーチ)とトニー・ブラウン(アタックコーチ)の体制になって、いまが(前任のエディー・ジョーンズ時代からの)移行期と言えるでしょう。僕はスーパーラグビーでジェイミーとトニーが率いるハイランダーズと対戦しているからわかりますが、彼らはきっとジャパンをいいチームに仕上げてくる。まだまだこれから強くなると思います。

 あいにくトンガ戦はライブでチェックすることはできませんが、その翌週にあるフランス戦は非常に楽しみにしています。フランスとジャパンがW杯の2年前の段階で、どの程度にまで仕上がっているのか。ましてや、ジャパンは来年、オールブラックスとテストマッチを戦うことが決まっています。W杯の1年前に対戦するオールブラックス戦に向けて今後どう調整していくか図る上でも、フランス戦はジャパンにとって重要な意味を持つでしょう。

 そして何より、フランス戦の会場となるUアリーナは、ラシン92のホームスタジアム。これまでずっと改装工事に入っていて、フランス対日本戦が改装後のこけら落としになる。僕も非常に楽しみにしています」

 妻の忠言を素直に聞き入れてSNSを始め、“ファンのために”とマメすぎるほど更新を繰り返し、日本最後の夜には律儀に居酒屋の写真をアップする男である。

 フランス対日本戦は、日本時間の11月26日の午前4時45分キックオフ。

 その前後、必ずや“ダン・カーターにしか撮れない写真”がSNSにアップされるはずだ。

<ダン・カーターのSNS>
Instagram: https://www.instagram.com/dancarter_
Twitter: https://twitter.com/dancarter
Facebook: https://www.facebook.com/dancarterallblack/

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダン・カーター

ラグビーの前後のコラム

ページトップ