SCORE CARDBACK NUMBER

真摯な鍛錬と勇気のタックル。慶大ラグビーは奇跡を起こすか。~巨漢もスターもいないが、心を打つチーム~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byKenji Demura

posted2017/11/23 17:00

真摯な鍛錬と勇気のタックル。慶大ラグビーは奇跡を起こすか。~巨漢もスターもいないが、心を打つチーム~<Number Web> photograph by Kenji Demura

帝京大戦でDFの中を突き進む慶大のLO佐藤大樹主将。積極果敢な攻撃と粘り強い守備で絶対王者を追い詰めた。

「黄色と黒は勇気のシルシ」

 バブル時代のCMフレーズが頭をよぎった。低く突き刺さるタックル。骨のぶつかり合う鈍い音。倒れてはすぐ起き上がる。ピッチからは、タイガージャージーの発する「熱」が立ちのぼる。

 11月5日、相模原市の麻溝公園。緑に囲まれたギオンスタジアムへ、多くのメディアは「遠いなあ」とボヤきながら駆けつけた。関東大学対抗戦で4戦全勝同士の対決となった帝京大vs.慶大だ。数時間後、同じ人たちが「いい試合だったね」と満足げに言った。前週、不利と予想された明大戦に28-26で競り勝った慶大は、この日も低いタックルを勤勉に反復して常勝軍団に対抗。相手ボールを奪っては果敢なカウンターアタックからトライを重ねた。帝京大は前半38分に今季初のPGを選択。最終スコアは王者・帝京が31-28で逃げ切ったが、挑戦者は観衆の熱い拍手を浴びた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

帝京大学
佐藤大樹
慶應義塾大学

ラグビーの前後のコラム

ページトップ