ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー史上最高の司令塔に直撃。
ダン・カーター流、SNS活用術って? 

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/11/24 11:00

ラグビー史上最高の司令塔に直撃。ダン・カーター流、SNS活用術って?<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

今回で4度目の来日になるダン・カーター。取材の数日後にはトップリーグ移籍の噂が流れたが果たして?

時にはクワイエット・タイムも必要だと思う。

――オールブラックスの10番を背負ったダン・カーターのプレーシーンのひとつに思い浮かぶのが、鬼気迫る表情で、大声を張り上げながら味方に指示を出し、鼓舞する場面です。プレー中と普段のキャラクターはまったく違うということですね?

DC イエス。ラグビーをしている時はコンバット(戦闘)もある。でも、フィールドから離れたら、本来の自分に戻る。日本のラガーマンもそういうタイプ、多いんじゃないかな?

――はい。普段はシャイだけど、フィールドで笛が鳴ったら別人になる、というラガーマンは日本にもたくさんいます。SNSをやっているすべてのアスリートに共通することですが、ファンはSNSを通じてアスリートの“素”の部分を知ることができるし、直接、アスリートとつながることができる。当然、直接ファンの声援が届けば、アスリートにとっては何よりの力になる。

DC そのとおり。良いプレーをして、称賛を受ける。当然、選手も気分がいい。エゴが満たされるからね(笑)。ただ、マズいプレーをした時は、それがいかにダメだったかをSNSが知らせてくれるので、そのツラさもある(苦笑)。アスリートにとってSNSは諸刃の剣でもあるよ。

――これからもSNSを続けていくのでしょうか? 例えば、どこかで区切りをつける、とか。

DC 別に期限は設けていない。ブランクが空くこともあるしね。気が進まない時は無理しないようにしている。言うべきことがなければ言わない。クワイエット・タイムも必要だと思う。周りはどう思ってるかわからないけど、僕本人は割と力を抜いてやってるんだ。

――仕事柄、いろんなアスリートのSNSをチェックしていますが、カーターさんの更新頻度はかなり高いほうだと思います。

DC それだけ僕にとってファンはすごく大事だということだよ。彼らにお礼を伝えたいだけなんだ。(SNSの更新は)その回数だと思ってもらえれば。

【次ページ】 もちろん、日本ラグビーの話も聞きました。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ダン・カーター

ラグビーの前後のコラム

ページトップ