JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和とACLは切り離せない関係だ。
10年ぶり制覇へ、改革の集大成を。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/11/18 08:00

浦和とACLは切り離せない関係だ。10年ぶり制覇へ、改革の集大成を。<Number Web> photograph by Getty Images

啓太、阿部、長谷部、闘莉王、達也、永井、ワシントン、ポンテ……埼玉スタジアムで歓喜の声を挙げてから10年。再びアジア王者に輝く時は今だ。

「全力で戦ってほしいし、僕も全力応援します」

 '07年ACL制覇からの10年を振り返り、浦和が強豪への道のりを歩み始めた原点はどこかを考えると'02年にたどり着いた。そこからの6シーズンの集大成がACL制覇だった。そして今回のACL決勝進出の原点は、'12年のミシャ監督就任なのだと思う。

 2つの共通点は、'01年と'11年の残留争いを契機に改革を断行した結果ともいえる。その改革の集大成として、ACLの栄冠を手にできるか、つまり歴史は繰り返されるのか? それとも……。選手たちは試されている。

「(浦和の選手たちとは)ちょっと話はしていますよ。やっぱりACLで優勝するのは格別なこと。日本代表して、日本を代表するチームとして、全力で戦ってほしいし、僕も全力応援します」

 日本代表のベルギー戦後、長谷部誠はそうエールを送り、小さくウィンクした。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
浦和レッズ
田中達也
鈴木啓太
長谷部誠
田中マルクス闘莉王
ロブソン・ポンテ
ワシントン
小野伸二
ギド・ブッフバルト
ハンス・オフト
ミハイロ・ペトロヴィッチ
西川周作

Jリーグの前後の記事

ページトップ