ニッポン野球音頭BACK NUMBER

濱口遥大の球を誰よりも受けたから。
好投導いたDeNA高城俊人の観察眼。 

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/11/10 17:30

濱口遥大の球を誰よりも受けたから。好投導いたDeNA高城俊人の観察眼。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

第4戦では貴重な追加点となる本塁打も放った。24歳、捕手として高城は今から伸び盛りの時を迎える。

週1のスタメンでも全球チャートをつける研究家。

 事実上、濱口の専属捕手として起用されている高城の出番はそう多くない。シーズン中もスタメンマスクは週に1度。それでも試合中のベンチで全球チャートをつけ、研究を欠かさなかった。

 高城は以前、こう語っていた。

「ベンチから、打った時のファウルの反応を見て、もう1球続けていいのか、球種を変えたほうがいいのか、ずっと考えています。(試合に出ている)キャッチャーと一緒になってぼくも配球してるつもりで見ている。だから、自分の考えたとおりの配球で抑えた時は、一緒になって喜んでますね」

 少年時代はホークスジュニアに所属し、城島健司に憧れていた。24歳の大人になって強いホークスに勝てた。負けられない短期決戦の経験が、少ない試合でも多くの成長をもたらした。

 一時は戸柱恭孝が占めていたベイスターズの正捕手の座は、シーズン後半からの嶺井博希の台頭によって、その争いが混沌とし始めている。

 就任3年目となる来シーズンに向け、ラミレス監督はこう明かした。

「来年はオープンで、レギュラーなしという状態から仕切り直したい。戸柱、嶺井、高城の3人で競い合って、試合の出場権を勝ち取ってほしい」

 激しい正捕手争いは、秋季キャンプの地、奄美大島ですでに始まっている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜DeNAベイスターズ
高城俊人
濱口遥大
アレックス・ラミレス
内川聖一
長谷川勇也
アルフレド・デスパイネ

プロ野球の前後の記事

ページトップ