フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

オズモンド優勝と本田真凜のデビュー。
カナダ杯に見た、それぞれの収穫。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAFP/AFLO

posted2017/10/31 17:00

オズモンド優勝と本田真凜のデビュー。カナダ杯に見た、それぞれの収穫。<Number Web> photograph by AFP/AFLO

左から、銀メダルのソトコワ、金メダルのオズモンド、銅メダルのワグナー。

昨シーズンからの成長に、確実な手応えがあった本郷。

 本郷は3サルコウの次に跳んだ3ルッツでステップアウト。残りは流れを途切れないまま最後まで滑り切ったものの、5つのジャンプで回転不足の判定を受け、フリー114.74、総合176.34で6位だった。

「ショートとフリーを大きなミスなく滑ることができて、やっとショートフリー揃ったという感じ。それがこの大会の大きな収穫です。昨シーズンは(両方ノーミスが)まったくなかった。(この試合では)今できることを出そうということに集中してやったので、そこが良かったと思います」

 来週末の中国杯では、アリーナ・ザギトワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、エレナ・ラジオノワのロシア勢、カナダのガブリエル・デールマンら強敵に、日本の樋口新葉、三原舞依、本田真凜の3人がぶつかることになる。

 本郷は2週間後のNHK杯が2戦目となる。

ミラクルガールズ。~女子フィギュア 平昌への聖戦~

関連記事

BACK 1 2 3 4
本田真凜
ケイトリン・オズモンド
マリア・ソツコワ
アシュリー・ワグナー
本郷理華
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ