フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サッカー選手がリベリア大統領に!?
ジョージ・ウェアが政権奪取間近。 

text by

フランク・シモン

フランク・シモンFrank Simon

PROFILE

photograph byBernard Papon

posted2017/10/26 11:00

サッカー選手がリベリア大統領に!?ジョージ・ウェアが政権奪取間近。<Number Web> photograph by Bernard Papon

ユニフォームを脱ぎ捨て、今はスーツとネクタイで戦っているウェア。“キング・ジョージ”はプレジデントになれるか?

ウェアはサッカーよりも医療と教育に情熱を注ぐ。

 今日、ウェアのスポーツとサッカーへの情熱は、パリ・サンジェルマン(ユースチーム)のストライカーであり、U-17ワールドカップにアメリカ代表として参加した息子ティモシーを通じて、かろうじて残されているだけである。

 政治家としてのウェアにとって、スポーツの占める優先順位は低いと言わざるを得ない。

 彼が主張するのは建設や道路の整備であり、学校や病院設備の拡充である。

 先月の『ル・ポワン』誌のインタビューで答えているように、とりわけ医療と教育システムの改革に情熱を注いでいるようだ。また観光産業発展のための投資と、鉱山の再開発にも意欲を見せている。

 ウェアは言う。

「リベリア国民は変革を求めている。何故ならば独立以来170年の間、この国は実質的に何も変わっていないからだ」

 はたして国民は、これからの6年間の自国の命運を、かつての英雄の手に委ねるのだろうか? 

 決選投票は現地時間の11月7日である。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ジョージ・ウェア
エレン・ジョンソン・サーリーフ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ