Number ExBACK NUMBER

Bリーグ連覇に挑む栃木ブレックス。
田臥勇太が話すシンプルな強さの源。 

text by

後藤茂仁(Number編集部)

後藤茂仁(Number編集部)Shigehito Goto

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2017/09/25 11:30

Bリーグ連覇に挑む栃木ブレックス。田臥勇太が話すシンプルな強さの源。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

昨季に続きチームの中心となる田臥勇太とライアン・ロシター。コート内外での彼らの求心力がチームの結束の要だ。

千葉の富樫勇樹が口にした、選手同士の信頼の差。

 王者となった栃木の強さを語るうえで“チーム力”はひとつのキーワードだ。

 チャンピオンシップのクォーターファイナルで栃木に敗れた千葉ジェッツの富樫勇樹は、その差をチームの結束力だったと言う。

「バスケの技術的なこと以外のところ、選手同士の信頼だとか、そういうところに大きな差があったと思う。今季はそういう部分をシーズンを通して僕らもつくっていきたいし、そのためにもっとコミュニケーションをとっていきたいと思っています」

 今季栃木から大阪エヴェッサへ移籍した熊谷尚也もまた、そうしたチーム力の重みを語る1人だ。

「田臥さんや古川さん、ライアン・ロシターなど、タレントのある選手はもちろんいたんですけど、そうした選手の力だけでは勝てない、というシーズンがその前にあった。昨季の栃木は、誰かが調子が悪くても他の選手がカバーする、ということのできるチームでした。ベンチから出てくる選手もしっかり自分の仕事をして、つなげる、もしくは勢いを与える、という選手が揃っていて。そういうチーム力で勝ったと思います」

ホームでなければ勝てなかったかもしれない。

 そうしたチーム力が、見守る観客をも巻き込んでいく。栃木のホームはやりづらいと話す選手は多いが、シーホース三河の比江島慎も、チャンピオンシップセミファイナルのブレックスアリーナの雰囲気にのまれてしまったと語る。

「チャンピオンシップであそこまでのアウェーで戦うことははじめてでした。あの雰囲気は駄目でしたね。もろに声援のあおりをくらってしまった。2戦目ではフリースローを2投とも外したりもしましたし。第4クォーターで急激に追いつかれて、あの大歓声の中で正直焦っていました。それでも2戦目はなんとか競り勝ちましたが、直後の3戦目は落としてしまった。勝負どころの判断力やメンタル面を今季は成長させたいです」

 逆にその声援を力に変えたと語るのが栃木の竹内公輔だ。

「栃木の強さのひとつはホームアリーナの雰囲気にあると思います。ホームでなければチャンピオンシップで千葉にも、三河にも勝てなかったかもしれない。この熱いファンたちの期待に応えないと、というプレッシャーもないわけではないですけど(笑)、一生懸命やって、みんなを喜ばせたいなと昨シーズン一年間ずっと思っていましたね」

 チーム全員とファンまでが一体となった結束力、それが昨季の栃木を王者へと導いたといえるだろう。

【次ページ】 MVP古川らが移籍、ギブスらも故障しているが。

BACK 1 2 3 NEXT
栃木ブレックス
田臥勇太
ジェフ・ギブス
長谷川健志
ライアン・ロシター
竹内公輔

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ