Number ExBACK NUMBER

Bリーグ連覇に挑む栃木ブレックス。
田臥勇太が話すシンプルな強さの源。 

text by

後藤茂仁(Number編集部)

後藤茂仁(Number編集部)Shigehito Goto

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2017/09/25 11:30

Bリーグ連覇に挑む栃木ブレックス。田臥勇太が話すシンプルな強さの源。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

昨季に続きチームの中心となる田臥勇太とライアン・ロシター。コート内外での彼らの求心力がチームの結束の要だ。

MVP古川らが移籍、ギブスらも故障しているが。

 一方で今季、連覇を狙う栃木のチーム状況は万全とはいえない。

 チャンピオンシップMVPとなった古川孝敏をはじめ、先に述べた熊谷尚也、須田侑太郎らチームを支えたベンチプレイヤーが移籍し、田臥を支えた副将の渡邉裕規も引退。長谷川HCも就任したばかりで、チームの体制は大きく変わっている。

 また故障者も多く、ジェフ・ギブスとアンドリュー・ネイミックのインサイド2人が現在インジュアリーリスト入り、遠藤祐亮、橋本晃佑の2人もケガから復帰したばかりという状況だ。

 実際、9月頭に開催された関東アーリーカップでは、新規加入の鵤誠司や喜多川修平、セドリック・ボーズマンを試しながら、今季のチームとしてのかたちを模索しているようにも感じられた。

 しかし、その後の広島ドラゴンフライズとのプレシーズンゲームや、マレーシアで行われたSeri Mutiara Chanpions Cup 2017などの試合を経て、開幕へ向けて、新しい栃木はチーム力を確実に増大させてきている。新戦力がチームと完全にフィットし、今季内の復帰を目指しているギブスも合流すれば、連覇の道がはっきりと見えてくるだろう。

「あれは誰にでも真似できるプレーだと思うんです」

 最後に、今季も栃木の中心選手であり、当事者でもある田臥にとって、あのルーズボールはどういうものだったのか、尋ねるとこんな答えが返ってきた。

「あのプレー自体は当然のことと思っています。ルーズボールがとれていれば、もっと勝ちが確実なものになった。それだけです。(残り16秒で6点差という状況も)3Pをポンポンと決められていたら、わからなかったですから。ただ、今までもそうだったし、これからもそうですけど、ああいうプレーは本当に大事にしていきたい。球際だったり、ワンプレーだったりに懸ける思いがどれだけ大事かというのは、これまでの経験から感じているので」

 そして、あれはあくまでも自分のためにやったプレー、とは言いつつこうも話す。

「あれは誰にでも真似できるプレーだと思うんです。技術じゃないですから。そういう意味では、チームメイトにもああいうプレーをしてもらいたいと思うし、もっと言えば、他のチームの選手や若い選手がああいうプレーをするところをもっと見たいと思っています」

 王者・栃木をけん引し、Bリーグを代表する存在でもある田臥の、勝利への強い思いが垣間見えるこの言葉は、今季のBリーグがさらなる熱い戦いになることを予感させた――。

栃木の田臥勇太と竹内公輔をはじめ、B1全18チームの主力選手25名の徹底インタビューや、B1-B3全45チーム完全名鑑などが掲載された「Number PLUS  B.LEAGUE 2017-18 OFFICIAL GUIDE BOOK」。2年目のBリーグを200パーセント楽しむために必携の一冊です。是非お読みください!
B.LEAGUE2017-18 OFFICIAL GUIDEBOOK

Sports Graphic Number PLUS October 2017 B.LEAGUE

B.LEAGUE
2017-18 OFFICIAL GUIDEBOOK

 

関連記事

BACK 1 2 3
栃木ブレックス
田臥勇太
ジェフ・ギブス
長谷川健志
ライアン・ロシター
竹内公輔

バスケットボールの前後の記事

ページトップ