“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

大岩一貴が悩んだ“便利屋”の壁。
ベガルタで目指す究極の進化って? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/09/22 11:00

大岩一貴が悩んだ“便利屋”の壁。ベガルタで目指す究極の進化って?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

J1第26節のFC東京戦にて。流血するほどの怪我だったが、すぐにピッチ上に復帰し、そのまま全力でプレーし続けた大岩。

スペシャリストではない分、貪欲に他者から吸収する。

 話を冒頭で触れたFC東京戦に戻す。大岩は前半に相手との接触から額を7針縫う怪我を負った。しかし、頭に包帯を巻き、より鬼気迫るオーラを放ちながらDFラインを見事に統率し続けた。

 怪我の後も気迫はそのままに、判断も終始冷静で「試合中、相手3バックの真ん中のチャン・ヒョンスを見て”良いな”と思いました。タイミング良くボールを持ち運んで質の高いビルドアップしていて、凄く理想的な選手だなと。試合中でもちょっと参考にしながらプレーしたくらいですよ」と語れるくらいの余裕さえあった。

 試合はそのチャン・ヒョンスにCKからヘッドで叩き込まれ、0-1で敗れてしまったが、負傷したにもかかわらず獅子奮迅の活躍をした大岩の存在がなかったら、間違いなく大量失点となっていたはずだ。

「右のときは広島の塩谷司選手のプレーをずっとビデオで見ていて、真ん中になってからはフランクフルトの長谷部誠選手の3バックの真ん中でのプレーを参考にしています。

 今日からそこにチャン・ヒョンス選手も加わりました。

 自分にスペシャルなところがなくて、絶対的なスペシャリストになりきれない分、いろんなところから貪欲に吸収しないといけないので。

 でも、今はいつ右に戻されても、突然4バックになっても即座に対応できる自信がありますよ」

 FC東京戦後のミックスゾーンで、彼は鋭い眼光のまま、こう語った。

「最近、仙台が大好きになったんです!」

 28歳にしてさらに一皮むけた男は、これからさらに成長していくのは間違いない。

 そして彼は去り際に、筆者にこう付け加えていった。

「最近、仙台が大好きになったんです!」

 進むべき道をはっきりと見出したことが、プレー以外の気持ちの変化にも繋がったようだ。

「正直、昨年までは仙台という土地に対して特に何も思うところはありませんでした。『自分はこのままでいいのか?』という不安定な思いが、仙台という街自体を素直に受け入れられないようにしていたのかもしれません。でも、今は凄く好きになりました(笑)」

 心身共に急激な成長曲線を描き始めた“杜の都のユーティリティプレイヤーにしてスペシャリスト”は、必ずやチームやサポーターから、さらに信頼される存在となっていくはずだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大岩一貴
ベガルタ仙台
ジェフユナイテッド千葉
平岡康裕

Jリーグの前後のコラム

ページトップ