スポーツ百珍BACK NUMBER

吉田麻也を正当に評価してもらう。
戸田和幸「日本人CBで総合力No.1」 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/09/18 09:00

吉田麻也を正当に評価してもらう。戸田和幸「日本人CBで総合力No.1」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

表情もザッケローニ体制時以上に風格が出てきた吉田。イングランドで揉まれた経験値は伊達ではない。

CBやGKは本当に残酷なポジションだからこそ……。

――これはセンターバックの損な部分だと思うのですが、失点シーンが大きく取り上げられやすいという面があります。

「それだけ責任が大きな、別の言い方をすると残酷なポジション・仕事だという事です。

 但しメディアで仕事をしている者としては、失点シーンにつながったきっかけとなったのはどこだったのかというところから遡ってきちんと検証していく必要があると考えています。

 そういった部分がメディアに於いてまだ成熟してないという事も失点=GK・CBとなってしまう理由だと思います。

 何故その現象が起こったのかというディテールの部分にまできちんと目を向け原因から探っていく事をしなければ、実際にピッチで起きている出来事を正しく伝えていく事にはなりませんし、物事に批評はあって然るべきですが、自分も含めピッチで起こる細部にまできちんと目を向けつつ言及をしていかない限り、選手達との信頼関係を構築する事は難しくなるのではないでしょうか。

 例えばサウジアラビア戦での失点については、まずチームとして相手のポゼッションプレーに対しスリーラインの機能が果たせていないことがまず理由として挙げられますし、自陣で守備をする際の中盤3人の役割分担が不明瞭だったことが原因で中央突破を許す斜めのパスをバイタルに入れられてしまった事も失点につながる大きな原因です。

 これはオーストラリア戦でも見られた現象ですが、結果的にシュートや失点に繋がらなかっただけで全く別の内容と結果となった2試合に於いて代表チームに同じ現象が起こっていたことは事実です。

 もちろん最後のシーンでの改善ポイントはあったかもしれませんが、他に言及しなくてはいけないディテールは数多く存在していました。

 センターバックやGKは本当に残酷なポジション、失点場面にはその場に必ず遭遇しなくてはならないポジションです。GKやCBのミスで失点する事もあるだろうし彼等のところにボールが来た時点で失点を防ぐことは難しくなってしまっている場合もあるでしょう。

 我々の仕事は試合の流れを見極め、その試合に於ける両チームのサッカーを出来る限り理解する事が重要となります。そして分析したものをベースに『この段階から問題が起こっている』起こった現象に対し建設的に指摘をしていくべきではないでしょうか」

――南アフリカW杯で16強に入った際の中澤選手や闘莉王選手をはじめ、過去のセンターバックと比較されがち、なのかもしれません。

「中澤選手と闘莉王選手も素晴らしいセンターバックですし、彼らの日本サッカーに対する貢献を考えると僕自身心から彼らをリスペクトしています。

 ただ代表におけるキャリアや貢献度とはまた別のところ、純粋に一人のプレイヤーとして見た時には吉田麻也というセンターバックは世界最高峰のプレミアリーグにて日々闘っており日常的にアグエロやルカク、またはケインといった世界的なストライカー達と毎週末対峙し続けています。

 ですから吉田選手が今までの日本サッカーに於ける数々の偉大なセンターバック達とは別のステージにいるという事はヨーロッパに出ていく事が以前に比べて容易になったという側面を踏まえて考えてみても疑いようのない事実ですし、吉田麻也というセンターバックが日本サッカーを新たなステージへ押し上げて行ってくれるインターナショナルレベルのセンターバックであると僕は考えています」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
戸田和幸
吉田麻也
中澤佑二
田中マルクス闘莉王
サウサンプトン
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ