“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

FWとの空中戦で「うおりゃああ!」。
流通経済大柏・関川郁万は武闘派CB。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/08/15 08:00

FWとの空中戦で「うおりゃああ!」。流通経済大柏・関川郁万は武闘派CB。<Number Web> photograph by Takahito Ando

センターバックとして大前提となるディフェンス力と闘争心。関川はそのベースをしっかりと鍛え上げている。

大会通じて1失点でも納得した表情を浮かべない。

 力感みなぎるプレーを見せつけた関川は、榎本と宮崎をノーゴールに抑えつつ、自身は同大会4ゴール目となる決勝点を挙げた。まさにMVP級の活躍で、1-0の勝利に導いた。

「ゴールは触るだけでした。監督が“ああいうゴールは久しぶりに見た”と感動していたのが嬉しかったですね(笑)。宮崎選手が入ってきて、榎本選手と2トップになったことで、正直怖さもあったのですが、より集中出来たし、“絶対に負けない”という気持ちにさらに火がついた。空中戦では絶対に負けたくない。宮崎選手はやっぱり身体がどっしりしていて、相当手強かったけど、競る前に身体を当てるなど、工夫をしました。解決方法を考えてやりました」

 彼はまた一段と自信をつかんだように見えた。日大藤沢との決勝でも彼は気迫のディフェンスで相手の攻撃をシャットアウト。狙っていた得点王こそ届かなかったが、完封勝利でチームを優勝に導いた。

 流通経済大柏は今大会を通じて喫した失点は「1」のみ。関川本人は「1失点が悔やまれます。自分がやられなければ、無失点優勝はできた」と唇を噛んだが、彼がいなければこの結果はないと思わせる活躍ぶりだった。

 真夏の宮城で輝いた関川。プレーの意識について聞いてみると、こう返ってきた。

「攻められても、自分が跳ね返したり、逆に自分がヘッドでゴールを奪うことで、相手に精神的なダメージを与えることが出来る。相手の気持ちを折る感覚でやっています」

“相手の気持ちを折るセンターバック”。

 彼の理想像はそこにある。絶対的な武器を磨いて、日本代表に招集されるようになった植田のように――。

 関川もまた、前進を続ける。今大会はその歩みを速める1つのきっかけとなるはずだ。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
流通経済大柏高校
関川郁万

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ