プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

内藤哲也また1年遅れのG1制覇。
その現象は東京ドームでの大合唱へ。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/08/16 17:00

内藤哲也また1年遅れのG1制覇。その現象は東京ドームでの大合唱へ。<Number Web> photograph by Essei Hara

本人にとってもファンにとっても、待ちに待った「新日本の主役の座」。あとは、1.4のメインで大暴れするだけだ!

「いったいどこまで行ってしまうのか、それも楽しみ」

 祝勝ムードの中、内藤は乾杯もせずに、「疲れた」と言って早々に会見場を後にした。

「こんなもんじゃないですよ。東京ドームでも、これを超える大合唱をお客様が待っていますよ。皆さまも楽しみにしていてください」

 内藤の背中がそう語っているように見えた。

 内藤は翌日も「絶口調」だった。

「G1クライマックス優勝という名の“強力なジャンプ台”を踏みましたよ、間違いなく。いま上昇中ですね。一体どこまで上がるのか、わかりません。でも、このジャンプ台を踏んだ感触が4年前とはまったく違いますね。いったいどこまで行ってしまうのか、それも楽しみです。

(オレを止めたいヤツがいるなら)はっきり口に出すべきですよ。それがメキシコで、そしてインゴベルナブレスの仲間たちに教わったことですよ。口に出さなきゃ、思っているだけじゃ、誰にも何も伝わらないから」

内藤が目指すのは、東京ドームのメインのみ。

 今、内藤が魅力を感じるものは東京ドームのメインイベントだけだ。オカダでも、IWGPでもない、ドームのメインという価値観だ。

 G1初優勝後の2014年の1.4ドームではオカダとのIWGP戦までこぎつけたが、どうせ内藤だから(?)という理由でちょっかいを出されてメインから「セミファイナル」(ダブル・メインイベント第1試合)に降格されて、悔しい思いをした。内藤はあの悔しさを忘れることはできないはずだ。

 運命はまた似通った状況を作り上げた。だが、今度はその先が違う物語のはずだ。

 次の東京ドームのメインが終わって、内藤が勝者としてリングの中央に立って「お客様」と「デ・ハポン」を大合唱する、というのが次のお楽しみだ。

「トランキーロ、あっせんなよ」

 内藤は自分に言い聞かせるように決め台詞を繰り返した。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内藤哲也
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
バレット・クラブ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ