プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

内藤哲也また1年遅れのG1制覇。
その現象は東京ドームでの大合唱へ。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2017/08/16 17:00

内藤哲也また1年遅れのG1制覇。その現象は東京ドームでの大合唱へ。<Number Web> photograph by Essei Hara

本人にとってもファンにとっても、待ちに待った「新日本の主役の座」。あとは、1.4のメインで大暴れするだけだ!

うすら笑いを浮かべ、動じず「やりたいようにやる」。

 疑問を投げても否定する材料は見当たらない。

 内藤がこの2年間で構築したインゴベルナブレスというコンセプトは、ついにここまで来た。

 それは1つの「現象」になった。

 これも運命か?

 そんな「運命=デスティーノ」に操られるように、内藤は爆発した。制御不能という名のもとに、新日本プロレスを我が物顔で闊歩した。

 「あんなもの、そんなもの新日本じゃない」と一部から非難されようとも、内藤はうすら笑いを浮かべて動じなかった。やりたいようにやる。

両国国技館に響き渡った「デ・ハポン」の大合唱!

 「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」vs.「バレット・クラブ」

 “デスティーノ“vs.“片翼の天使”

 そんな天王山で、内藤は34分35秒の戦いの末、オメガに勝った。

「Evil, Bushi, Sanada, Hiromu y Naito, nosotros Los Ingobernables de Japon!」

 内藤はインゴベルナブレス創設以来最大の「デ・ハポン」の大合唱を両国国技館に集ったファンと共に叫んだ。

 内藤はマイクを手に、しっかりとファンを見渡した。

「グラシアス・アミーゴス」

 内藤は感謝の気持ちを「お客様」に伝えた後、続けた。

「今のオレは自信をもって言える。オレが新日本プロレスの主役だ!」

 笑みを浮かべて、元祖夏男の蝶野正洋とも握りしめた拳を軽く合わせた。

【次ページ】 「いったいどこまで行ってしまうのか、それも楽しみ」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内藤哲也
棚橋弘至
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
バレット・クラブ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ