Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

スポーツクライミング界初メダルを!
野中生萌&野口啓代、五輪への思い。 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byAtsushi Hashimoto

posted2017/08/14 07:30

スポーツクライミング界初メダルを!野中生萌&野口啓代、五輪への思い。<Number Web> photograph by Atsushi Hashimoto

クライミングウォールでポーズをとる野中(右)と野口。彼女たちにとって2020年は大きなモチベーションとなる。

結果を残すことだけを考え、積極的に挑戦したい。

――今後の課題はどんな点ですか。

野口 昨季は後半2戦だけワールドカップリード種目に出場しましたが、アジア選手権では初めてリードで優勝することができたんです。しかも、ボルダリングの経験がリードの登りの成長にもつながっていることが実感できている。今季も両立させ、リードのワールドカップ自己ベスト2位を更新し、初優勝したいです。世界的に見ても、両方で優勝した選手はほとんどいない状況なので、今季ぜひ実現させたいです。

野中 私はワールドカップボルダリング種目で年間王座を獲ることが一番の目標です。そのためには7戦すべてで上位をキープしなければならない。転戦する中で、きっと修正点や問題点も出てくると思いますが、どんなことにも対応できるようにしたい。昨季が終わって今季が始まるまでに、いろいろ取り組んできたことが正解だったのかは分かりませんが、まずは怪我をしないことが大前提。結果を残すことだけを考え、積極的に挑戦していきたいですね。それができれば、道は開けると信じています。

――二人が理想とする選手像とは。

野口 私は常に、「大好き」「楽しい」という気持ちを大事にクライミングに臨んでいます。トライする姿を見て、「すごく楽しそうに登っているな」、「クライミングって楽しいんだな。やってみたいな」と感じていただけるような選手であり続けたいです。

野中 幼い頃から、とにかく「強くなりたい」という一心でクライミングを続けてきました。だからこそ、「この選手は本当に強い」って言われたい。「強いといえば、野中生萌」と真っ先に名前を出してもらえるような存在へ成長していきたいです。

(Number926号『東京へ。野中生萌×野口啓代「“登る”ことに魅了されて」』より)

2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
野中生萌
野口啓代
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ