プロ野球亭日乗BACK NUMBER

高橋・巨人、後半戦の鍵握る2番打者。
山本泰寛と重信慎之介が競うが……。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/07/14 11:30

高橋・巨人、後半戦の鍵握る2番打者。山本泰寛と重信慎之介が競うが……。<Number Web> photograph by Kyodo News

同期の山本と「2番打者」の席を競い合うこととなった重信。求められるのは「打撃」である。

タイカッブ式のバットを試してみるのも……。

 これからどこまで打撃を磨いて足で安打を稼げるようになっていけるかが課題なのは明白だ。

 場合によっては同じタイプの元南海の藤原満内野手や元阪急の福本豊外野手、元巨人の松本匡史さんや元近鉄の大石大二郎内野手らが使った「ツチノコバット」「コケシバット」と呼ばれるタイカッブ式でヘッドの抜けが良くボールに当たり負けしないバットを試してみることも必要かもしれない。

 そうしてゴロを転がしファウルを打つ。打席で結果を残す……そこからしか重信は「革命」を起こせないはずなのである。

 ただ、開幕から懸案だった「2番」問題に、時間はかかったが少しずつ結論が見え始めているのが、巨人にとっては光でもある。

 クライマックスシリーズのファーストステージで菅野、マイコラス、田口で接戦を凌ぐ。そこでは2番は山本かもしれない。そしてファイナルステージの第1戦の先発は山口俊か、内海哲也か大竹寛か……。そのときには2番・マギーのオプションが打撃戦で威力を発揮するかもしれないし、ひょっとしたらその頃には重信が不動の2番となっているのかもしれない。

 いずれにしろ巨人の巻き返しの隠れたキーマンは、2番打者なのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山本泰寛
重信慎之介
高橋由伸
堤辰佳
鹿取義隆
坂本勇人
読売ジャイアンツ
ケーシー・マギー
宮國椋丞
阿部慎之助
村田修一

プロ野球の前後の記事

ページトップ