畠山健介のHatake's roomBACK NUMBER

大学生がプロ選手になりたがらない。
畠山健介が考えるラグビー界の改革。 

text by

畠山健介

畠山健介Kensuke Hatakeyama

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/04/28 11:00

大学生がプロ選手になりたがらない。畠山健介が考えるラグビー界の改革。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

サントリーサンゴリアスは獲得タイトル13を数えるトップリーグ屈指の名門である。それでも、プロ選手の比率は30%なのだ。

今の大学生は、プロになりたがらない。

 世界のラグビークラブはスポンサー集めに必死だ。結果を出せなければ資金を打ち切られてしまう厳しい世界。僕もイギリスでプレーしたから分かる。

 しかし、日本のトップリーグは大企業が1社(計16社)でチームを支えるという、独自のラグビークラブの在り方だ。

 これは「強み」だと思う。日本ラグビー界オリジナルの強みなのだ。この強みを最大限に活かさなくてはならない。

 どうすれば17%を40%にできるか。そして、ただプロ選手を増やすだけでなく、「本当のプロ選手」を育成、輩出する必要がある。本当のプロ選手とは? 今の大学生は「プロになりたい!」という選手が少ないそうだ。なぜか?

 続きは、次回のHatake's Room最終回で。

畠山健介 公式SNSはコチラ!
公式ツイッター: https://twitter.com/03hatake
公式インスタグラム: https://www.instagram.com/hatake03/

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

畠山健介

ラグビーの前後のコラム

ページトップ