#sotaronbaBACK NUMBER

圧倒的に強いウォリアーズとキャブスを、
プレイオフで脅かすチームはどこ? 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byRonald Cortes/Getty Images

posted2017/04/06 11:00

圧倒的に強いウォリアーズとキャブスを、プレイオフで脅かすチームはどこ?<Number Web> photograph by Ronald Cortes/Getty Images

キャブスを負かすということは“キング”レブロン・ジェームズを倒さなくてはならない。

KD以外にもスター選手が多いウォリアーズのはずが。

 KDが怪我した試合からの7戦を2勝5敗と負け越し、約2年ぶりの連敗を喫した。

 KDが抜けてもウォリアーズには他にもスターがたくさんいるので問題ない、という声も多くあった。司令塔のステフィン・カリーがチームを背負う番だと彼への期待値も上がったが、運悪くこのタイミングで彼は絶不調のスランプに陥っていた。

 その後は徐々にKD抜きのチームも噛み合い、なんとか元の強さを取り戻してはいる。KDの怪我の回復も順調で、復帰は4月8~12日あたりとされている。

とにかくディフェンスが悪すぎるキャバリアーズ。

 一方、前年覇者の東のキャバリアーズは、シーズン前から群を抜くチームの層の厚さと“キング”レブロン・ジェームズの存在感で、一切問題なく1位通過確定と思われていた。しかしオールスター以降、ずるずるとらしくない試合が続き、3月の初めには4ゲーム差で首位だったのが、4月3日現在0.5ゲーム差でひっくり返され、2位になってしまった。

 要因は、怪我人の多さと慢性的に悪いディフェンス。

 前年度優勝チームなのでシーズン終盤に中弛みのような症状が出てもおかしくはない。それでもプレイオフ前には引き締めてくるだろうと思われ、現地メディアもしばらくは静観していた。

 しかし気がつけば、30チーム中、ディフェンスランキング23位、ディフェンスリバウンド26位、セカンドチャンスでの失点25位、ファーストブレイクでの失点21位となってしまった。守備に関してはリーグ内で底辺のレベルである。

 昨年は上記のランキングが10位、5位、3位、6位だった。

 メンバーがほとんど変わっていないにもかかわらず、ここまでディフェンスが極端に落ちるケースは珍しい。

 レブロンを支える役割の他メンバーも怪我で本領を発揮できておらず、結局レブロンの出場時間は平均37.6分と、プロ14年目にして驚異的な多さである。

 ピリっとしないチームの状況に選手は苛立ちを見せ、プレイオフに向けて一致団結をしなくてはいけないこの時期に、ベンチでレブロンとトリスタン・トンプソンが激しく言い合いを繰り広げる姿もあった。

 2週間足らずでプレイオフが開幕することを考えるとチーム状態は良くない。

 そこで、プレイオフでこの2チームをアップセット出来る可能性のあるチームが出てきた。

【次ページ】 スパーズ率いる名将ポポビッチの戦略が気になる……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ヒューストン・ロケッツ
サンアントニオ・スパーズ
ステフィン・カリー
ケビン・デュラント
レブロン・ジェームズ
グレッグ・ポポビッチ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ