#sotaronbaBACK NUMBER

圧倒的に強いウォリアーズとキャブスを、
プレイオフで脅かすチームはどこ?

posted2017/04/06 11:00

 
圧倒的に強いウォリアーズとキャブスを、プレイオフで脅かすチームはどこ?<Number Web> photograph by Ronald Cortes/Getty Images

キャブスを負かすということは“キング”レブロン・ジェームズを倒さなくてはならない。

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph by

Ronald Cortes/Getty Images

 NBAは、いよいよ4月15日(米国現地時間)からプレイオフに突入する。

 30チームが昨年10月から82試合を戦い、これから、東西それぞれ上位8チームが頂上を目指し、さらに激しい戦いを繰り広げる。

 プレイオフは、7戦中4戦勝ち抜けのトーナメント方式で、1回戦、地区準決勝そして地区決勝シリーズと続く。地区を勝ち抜いたチームがファイナルに進出し、また7戦中先に4勝した方がNBA王座に輝くことになる。

 地区優勝するためには12勝、NBA王者になるには16勝しなければいけないということだ。

 ここまでのシーズンを振り返ると、前年度地区チャンピオンである東のキャバリアーズと西のウォリアーズがともに順調に勝ち続け、各地区の首位の座をほとんどの期間で保持してきた。

 史上初めて、3年連続同じファイナルの組み合わせになる――大方のその予想はすんなり的中すると思われていた。しかし終盤になって、首位を走り続けた2チームに意外な落とし穴が待ち受けていた。

 その間隙を縫って、ウォリアーズとキャバリアーズを、プレイオフで倒すチャンスが出てきたチームがいくつか出てきたのである。

 そのチームを紹介する前に、まずは、二強に訪れた落とし穴から振り返ろう。

西地区最大のハプニング……KDの戦線離脱!

 西のウォリアーズ。

 2月28日のウィザーズ戦開始わずか1分半の出来事だった。エースの一角であるケビン・デュラント(KD)が転倒してきたチームメートのザザ・パチュリアと接触し、膝を負傷。激痛に見舞われ試合を後にした。

 今季獲得した大物看板選手が戦線離脱を余儀なくされたのだ。

 結果、右膝内側側副靭帯損傷と脛骨挫傷で全治4~5週間と診断されたが、最初の診断で今シーズン絶望である可能性があると知らされたデュラントは、その場で号泣したと打ち明けている。

 そこからウォリアーズは、我々が見たことのない脆弱さを露呈した。

【次ページ】 KD以外にもスター選手が多いウォリアーズのはずが。

1 2 3 4 NEXT
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
ヒューストン・ロケッツ
サンアントニオ・スパーズ
ステフィン・カリー
ケビン・デュラント
レブロン・ジェームズ
グレッグ・ポポビッチ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ