バレーボールPRESSBACK NUMBER

男子バレーの頂点はサーブの東レ。
「安全に入れていく」からの転換。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/03/23 08:00

男子バレーの頂点はサーブの東レ。「安全に入れていく」からの転換。<Number Web> photograph by Kyodo News

チーム最年長32歳の米山裕太は、試合後、「強いチームが勝つと証明することができた」と誇らしげに話した。

打ち破った「自分はこれくらいの選手」という諦念。

 米山は言う。

「監督を含めていろいろな人に相談して、引退も多少は頭をよぎりました。でも、まだまだバレーボールが好きだという気持ちのほうが強かった。そうやってリーグに向けて準備をしているうちに、トレーナーのおかげで痛めていた膝も徐々に良くなって、コンディションさえ整えばまだできるという手応えも生まれてきました」

 増村氏との出会いも大きかった。

「これまでスパイクやレシーブは得意でしたけど、サーブについてはあまり自信がありませんでした。練習してもうまくならないので、どうしても苦手意識を持ってしまうという悪循環でした。だから『自分はこれくらいの選手だ、自分の実力はこんなもんだ』と、限界を決めてしまっているところがあった。でも、これだけサーブが上達した。ブロックもうまくなっている。まだまだ自分には伸ばせる部分があるんだと今シーズンを戦ってわかりました。リーグ戦の中で、気力が少しずつ回復してきたから、ここまで頑張れたんだと思います」

 技術の向上を積み重ねることで、一度は崩れた自信を取り戻すことができた。

「体は小さいけど、コンディションさえ気を付ければ、伸びしろはある。若手には負けないし、まだまだできるとわかって、またバレーボールが楽しくなりました」

 東レは昨年12月の天皇杯優勝に続き、V・プレミアリーグも制した。5月には全日本選抜(黒鷲旗)を控え、同大会で3冠達成を目指す。果たして、東レのサーブ戦略に他のチームがどのような対策を練ってくるのか。「これからまた新しい目標も見つけられるはずです」と語るチーム最年長、米山のプレーにも注目である。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

米山裕太
東レアローズ
小林敦

バレーボールの前後のコラム

ページトップ