プロ野球亭日乗BACK NUMBER

侍ジャパンの野球とは何か――。
指揮官の「遠慮」はチームを殺す。
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byYohei Osada/AFLO SPORT

posted2017/03/06 12:30

侍ジャパンの野球とは何か――。指揮官の「遠慮」はチームを殺す。<Number Web> photograph by Yohei Osada/AFLO SPORT

侍ジャパン、壮行試合前の練習風景。左から稲葉篤紀打撃コーチ、小久保裕紀監督、奈良原浩ヘッドコーチ。

いかにミス少なくしていくかが侍ジャパン野球では?

 5日のオリックス戦でも1回に菊池涼介(広島)が送りバントを失敗した。

 守りでも1回に藤浪がバント処理を悪送球し、4回には岡田が暴投でピンチを広げている。

 ミスは野球につきものだが、そのミスをいかに潰していけるか、が侍の生命線なのだ。

 安打が出る。本塁打で気持ちよく点が取れる。そういう野球は希望であり理想だが、そうとは限らない。だから地味だがミスを排して、少ないチャンスをつないで得点に結びつける。

 それが歴代の日本代表の野球であり、侍ジャパンの野球でもあるはずだ。

 そのための準備をもう一度チェックして、常に怠らないところから、世界一奪回は始まるはずである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
秋山翔吾
鈴木誠也
岡田俊哉
藤浪晋太郎
稲葉篤紀
小久保裕紀
仁志敏久
坂本勇人
青木宣親
山田哲人
小林誠司
菊池涼介

プロ野球の前後の記事

ページトップ