F1ピットストップBACK NUMBER

今季F1は仕様変更が多く大荒れに!?
合同テストでの注目ポイントは……。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/03/05 08:00

今季F1は仕様変更が多く大荒れに!?合同テストでの注目ポイントは……。<Number Web> photograph by Getty Images

バルセロナでの合同テストで、マクラーレンの新マシンMCL32を駆るバンドールン。今年復活したマシン後方の「シャークフィン」が印象的だ。

マクラーレンのマシン名から「MP」が消えた!

 そのマクラーレンでは、セナとともに黄金時代を築いたロン・デニスがマクラーレン・グループの会長兼CEOを解任され、チームを去った。

 2017年のマシン名も、デニス時代に愛用されてきた「MP4」の3文字が消え、「MCL32」と改名。カラーリングもオレンジを中心にしたデザインを纏い、新しいスタートを切った。

 変わったのは、外観だけではない。

 マクラーレンMCL32に搭載されたホンダのパワーユニット「RA617H」も一新された。

 ホンダの長谷川祐介総責任者によれば、「RA617Hは軽量化されただけでなく、重心も低くなり、さらに燃焼効率も向上している」という。

 これら10チームが集って開始されるスペイン・バルセロナでの合同テスト。今年のF1は開幕前から、ヒートアップしている。

関連記事

BACK 1 2 3
ニコ・ロズベルグ
バルテリ・ボッタス
ルイス・ハミルトン
パディ・ロウ
ジェームス・アリソン
ストフェル・バンドールン
メルセデスAMG
ロン・デニス
マクラーレン

F1の前後の記事

ページトップ