フランス・フットボール通信BACK NUMBER

ジダン、監督という仕事を語る。
「忍耐強く、人の話を聞くことを」 

text by

ティエリー・マルシャン&フレデリック・エルメル

ティエリー・マルシャン&フレデリック・エルメルThierry Marchand et Frederic Hermel

PROFILE

photograph byFRANCK FAUGERE

posted2017/01/23 07:00

ジダン、監督という仕事を語る。「忍耐強く、人の話を聞くことを」<Number Web> photograph by FRANCK FAUGERE

名選手、名監督にあらず……のジンクスを覆しつつあるジダン。その底流には、誠実で飾らないジダンの性格がある。

「全員に、誰もが重要なんだと僕は伝えたい」

 今の時代、優れたパフォーマンスを発揮して試合に勝ち続け、重要な大会を勝ち進むためには、チームに23~4人の選手は必要だ。

 その全員に、誰もが重要なんだと僕は伝えたい。

 選手も良くわかっていると思う。彼らはチームのために莫大な量のコレクティブなエネルギーを発揮しているし、ロッカールームの中で驚くほどにお互いよく会話しているからね。

 彼らはサッカーのためなら、あらゆることを惜しまないんだよ。彼らの監督になれて、僕は本当に幸せだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 自分が幸運の星のもとに生まれたと常に感じている。

 うまくいかないときでも、そのことは常に意識している。だからいつもポジティブでいられるんだ。

 深刻に見えるときでも、自分には驚くほど運があるからやりたいようにできると考える。選手の時も、監督になってもそうだった。

 監督は過酷な仕事なんだ。僕も、他の仕事に就いている人たち同様、毎日を精一杯働いているのに変わりはない。

 そして、いつかやめる日が来る。それがこの仕事の宿命でもあるんだ。でも、今じゃない。今はまだ、監督の仕事を堪能しているよ。

(2017年1月10日号『フランス・フットボール』誌)

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジネディーヌ・ジダン
クリスティアーノ・ロナウド
レアル・マドリー

海外サッカーの前後の記事

ページトップ